« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

切り干し大根

2020年5月29日(金) 今日は天気も良いし、春大根が沢山採れたので、保存が効く切り干し大根作り。始めは平笊で干し、少し乾いてきたら風で飛ばされぬよう網籠に入れるつもりです。(→6月2日完成しました)
 P529000420200602p6020004

| | コメント (0)

ヤマザクラのサクランボ酒

2020年5月27日(水) 昨日、市内の公園を2か所巡りヤマザクラのサクランボ採り、ヒヨドリたちにおすそ分けしてもらう。今年は4月の低温、5月の低温が祟り熟すのは遅れ気味、何とか130gを採集する。生食では甘苦くて美味しくないが、リキュールにすると香りの素晴らしい美酒に変身する。氷砂糖を130g、35度のホワイトリカー300ミリリットル加え密閉瓶に保管、お味は後のお楽しみ。
2020026130gp5260004 2020026p5270004

| | コメント (0)

菜園の恵み(223) メークインとスナップえんどう

2020年5月26日(火) 花が咲いて暫く経つのでメークインの試し掘り、未だ小さい、まだ早い。4月2日に直播したスナップえんどうが実り始める。初収穫は90g、これからが本格化。
P5260002 P5270001

| | コメント (0)

いちごシロップ

20200524p5250003 2020年5月24日(日) イチゴが沢山穫れるので今日はシロップ作り。イチゴ500g、白砂糖500g、レモン果汁1個分で仕込み、来るべき夏に備えて清涼飲料を作りました。 

| | コメント (0)

続々・ステイホームの日々

2020年5月21日(木) 本日、京都府、大阪府、兵庫県の関西2府1県が緊急事態解除、14日の39県解除に続き、新型コロナウイルス感染の第一次流行は全国的に小康状態に入る。但し、私が住む千葉県は、東京都、神奈川県、埼玉県と一体の首都圏との理屈から、北海道も含めて未解除5都県に残されてしまい、尚も暫くステイホームの日々が続く。緊急事態継続の何が一番困るかと言えば、柏市の図書館が閉鎖されていること、読みたい本が借りられない。ネットで予約した本が時間指定で行けば受け取れるサービスくらいやってくれてもよさそうなものだが・・、柏市は行政サービスが悪い。仕方がないので、先日TV録画用の外付けHDを新たに購入、従来品の600GBに較べ記憶容量は2TBあるので映画をどしどし録画する。そして、録画したものの中から、長編の「ドクトル・ジバゴ」や「シンドラーのリスト」など鑑賞する。
P5100001_20200522090201 P5100002_20200522090201
最近、畑仕事が重なり、特に雑草取りで腰痛が再発、居間のソファで横になっているのが一番楽なので、毛布を被りごろ寝しながら録画映画を観ていた時の家人とのやりとり。「腰痛がひどいの?」、「な~に、寝たきりになった時の練習さ」、「そんなの、ぶっつけ本番で大丈夫、本当に寝たきりになったら私は知らないよ!」、「大丈夫、私に看病させて、という女性は他に何ぼでもいる」、「腰痛爺さんの世話をしたいなんて、そんなの居る訳ない!」、「それでも大丈夫、いざとなったら若くて美人揃いのナースがいる介護施設に入るから」、「そんなお金持ってるの?」、「・・・」。夫婦の会話がないどころか、我が家では結構弾んでおります。

| | コメント (3)

続・イチゴジャム作り

P5200001 2020年5月20日(水) 冷凍庫が生イチゴで満杯に近づき、さりとて5回目のジャム造りとあってジャム用空き瓶は払底したしで、今回はジップロックに入れて冷凍庫へ保存することに。これで少し息が付ける。菜園のイチゴは今が最盛期、昨日現在の収穫量合計は15.7kg、約半分はジャムに加工した勘定に。

| | コメント (0)

菜園の恵み(222) 春大根

P5180001 2020年5月18日(月) 種蒔きしたのが2月22日、今年の4月は低温が続き、いつもの年より10日ほど遅れて漸く春大根(品種は時なし大根)が穫れ始める。それにしても寸足らず、形が悪い。硬い畝に植え付けたためか、手抜きをすると必ずしっぺ返しがあり、農業は「才智より、手入れと勤労と堅忍と絶え間ない注意が、地道な努力が必要」である。

| | コメント (0)

春野菜好調

2020年5月17日(日) キヌサヤと中カブが好調、もう間もなく収穫を終えるが、今日までの収穫量累計がキヌサヤは1.92kg、中カブは90個。隣近所にもおすそ分けしたが、直ぐには食べきれないので、キヌサヤは固ゆでして冷凍庫保存、中カブは塩昆布などを加えて漬物にしてやはり冷凍保存、ゆっくり食べることにしました。
P5170002 P5170005

| | コメント (0)

玉ねぎ吊るし

P5140003_20200517143301 2020年5月15日(金) 今季のタマネギ収穫は昨日で終了、自分で種蒔きして育てた品種は泉州中高黄であるが、隣の畑のKさんから苗(品種不明)を沢山いただいたため例年より多い計250個、そのうちの100個ほどを菜園の一画にあるカリンとトウネズミモチの林の中に吊るして保存しました。

| | コメント (0)

イチゴジャム作り

2020年5月14日(木) 菜園のイチゴが本格化、昨日は1.4kg穫れたので傷まないうちにとジャム造り、大鍋に入れて白砂糖700gを加えとろとろ煮詰めました。仕上げにレモン1個分の果汁と果肉を加え、300gのジャム瓶4個出来上がり。
P5140001_20200515073801 P5140002

| | コメント (0)

イチゴミルク

P5130001 2020年5月13日(水) 午前、車で畑へ水運び、各種苗(甘唐辛子、ピーマン、オクラ、ミニトマト、トマト、サツマイモなど)に潅水、これが一仕事の重労働、世間はコロナ自粛の自宅待機というのに私は連日の過活動で腰痛がぶり返し気味。4月の低温が祟り、遅れていたイチゴの収穫がようやく本格化、数日前から毎日500g以上穫れるようになりました。そのままでは甘みも酸味も足りずピリッとしないので、学校給食お休みのあおりでだぶつき気味という牛乳を沢山買って、いちごミルクにしてたっぷり食べています。

| | コメント (0)

ヤブガラシのお浸し

2020年5月10日(日)先日、近くの放棄造成地に行って摘んできたヤブガラシ、冷蔵庫の野菜室に保管していたが、今日は茹でてお浸しにつくりました。葉と髭蔓をむしり取り、塩を加えた熱湯で2分間茹でて、水にさらすこと半日、食べやすい長さに切ってタッパーウエアにいれ、再び冷蔵庫に保管しました。先ずは一部を取り出し、鰹節を振りかけてお浸しで賞味、お相手は一番搾り、超芳醇、それとものどごし生?。ヤブガラシは都会の山菜、手軽に摘み取れるし、味は良いしで優れものです。
20200425130p4260002_20200512061001 20200510p5100004  

| | コメント (0)

コシアブラの胡麻和え

20200509p5090003 2020年5月9日(土) 先日、息子から送ってもらったコシアブラは600gもあったので、一回や二回のの天麩羅では食べきれず、また日持ちも良くないので、直ぐに大半を茹でて冷蔵庫に保管しておきました。今日は、その3分の1ほどを使って夕食時に胡麻和えにして食べました。さすがは山菜の女王、どうやって食べても美味しいです。

| | コメント (0)

ウコギ科山菜3種の天麩羅

2020年5月4日(月) 午前、息子から宅急便が届く。昨日の朝早くから、宮城・山形県境の船形山の奥深く分け入り、クマとの接近遭遇の危険を冒し、山菜を採って来たとの事、そのお裾分けである。届いたのはウコギ科のコシアブラ、タラの芽、ハリギリの3種類だが、外にアイコ(ミヤマイラクサ)、イワダラ(ヤマブキショウマ)、ヤマウドもお浸しにするくらいは取れたらしい。特に、タラの芽とハリギリの大きさ、太さ、重量感は半端ない。手賀沼周辺の丘陵地で採れる貧弱なものとは段違い、これこそ山菜の王様という感じがする。特有の精油の香りもツンツン、早速、天麩羅にしてもらい、一番搾り<超芳醇>と一緒にいただきました。上品さでは、タラノ芽>コシアブラ>ハリギリの順、香りの強さやアクの強さは、ハリギリ>コシアブラ>タラノ芽の順で、いずれも甲乙つけ難く、美味しくいただきました。ごちそうさま。
P50400021_20200505094301 P5040001_20200505094301

| | コメント (0)

菜園の恵み(221) 中カブとイチゴ

2020年5月3日(日) 2月21日に種蒔きした中カブが4個(紅いのは二十日大根)、それとイチゴ(品種不明)が3個初収穫。どちらもこれからが本番。
P5030001 P5040004

| | コメント (0)

続・ステイホームの日々

P5010030 2020年5月2日(土) 最後に行きつけの南柏駅前の理髪店で散髪したのは去年の12月24日のこと、申し訳ないけれど密な接触を敬遠、今年はまだ一度も行っていない。一昨日から気温が急上昇、ぼさぼさ頭が鬱陶しいのでどうしようかと悩んでいたら、家内が散髪してくれるという。庭の植木の選定が何より大好きな家内であるが、あんな調子で頭を刈られてはたまらない。大丈夫かな?、大丈夫?、自信があると云うのでままよと頼むことに。リビングや座敷では床や畳に切り髪が散らばるし、車庫や玄関前に椅子を出してとも考えたけれど、近所の人に見られたら恥ずかしいしで、結局、玄関内の三和土に椅子を出して其処に座って切ってもらいました。どんなのがいい?、学者風?、芸術家風?、銀座モード?、千葉の渋谷(柏市のこと)モード?などと散々能書きを言っておきながら、出来上がりは田舎の中学生風虎狩りモード!。ひぇ~、外ではマスクに加えて、帽子も絶対に手放せなくなりました。一日も早くコロナ騒動が収束し、晴れて散髪に行ける日が来ることを切に願っております。(写真は宇都宮アルプスで撮影したタチシオデ)

| | コメント (2)

ゼンマイ干し日和

2020年5月1日(金) 昨日から気温がうなぎ上り、急に暑くなる。干しゼンマイを笊に広げ完全に乾燥させる。生の時、約1kgあった重量が僅か50gと二十分の一に。何とも頼りないけれど、高級な国産ゼンマイ、大事に食べましょう。
P4220001 2020042660p4240002

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »