« ゼンマイ干し日和 | トップページ | 菜園の恵み(221) 中カブとイチゴ »

続・ステイホームの日々

P5010030 2020年5月2日(土) 最後に行きつけの南柏駅前の理髪店で散髪したのは去年の12月24日のこと、申し訳ないけれど密な接触を敬遠、今年はまだ一度も行っていない。一昨日から気温が急上昇、ぼさぼさ頭が鬱陶しいのでどうしようかと悩んでいたら、家内が散髪してくれるという。庭の植木の選定が何より大好きな家内であるが、あんな調子で頭を刈られてはたまらない。大丈夫かな?、大丈夫?、自信があると云うのでままよと頼むことに。リビングや座敷では床や畳に切り髪が散らばるし、車庫や玄関前に椅子を出してとも考えたけれど、近所の人に見られたら恥ずかしいしで、結局、玄関内の三和土に椅子を出して其処に座って切ってもらいました。どんなのがいい?、学者風?、芸術家風?、銀座モード?、千葉の渋谷(柏市のこと)モード?などと散々能書きを言っておきながら、出来上がりは田舎の中学生風虎狩りモード!。ひぇ~、外ではマスクに加えて、帽子も絶対に手放せなくなりました。一日も早くコロナ騒動が収束し、晴れて散髪に行ける日が来ることを切に願っております。(写真は宇都宮アルプスで撮影したタチシオデ)

|

« ゼンマイ干し日和 | トップページ | 菜園の恵み(221) 中カブとイチゴ »

コメント

頼もしい奥さんがいらしていいですね。
庭の剪定とは相通ずるものがあるでしょうか。
その心意気が素晴らしい。
田舎の中学生風虎狩りモード・・・拝見してみたい気持ちも。
我が家は頭髪薄く会社を辞めた際に坊主刈りになったので、以来それで私がやっております。
ところが私の方です。
天然パーマなので短くないと跳ね上がって大変で6週間ごとにショートカットでした。
しかし昨晩友人と話して輪ゴムで止めればいいということになり、帽子を被りマスクして、買い物しか出ないのだから、それでいいんじゃないということに。しかし家の中ではお化け状態でトホホです。

投稿: tona | 2020年5月 4日 (月) 08:54

tonaさんへ
お早うございます。「お宅のご主人、暇そうだけど何かやってるの?」と、近所の目もあり世間体が悪いので、植木の選定はやめてほしいと常々言っているのですが、言う事を聞いてくれません。バリカンを購入して丸刈りも良いですね、頭の形が悪いのでためらう気持ちもありますが、坊主頭になって終活の隠遁生活に入るには良い機会かもしれません。ありがとうございました。

投稿: shikamasonjin | 2020年5月 4日 (月) 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼンマイ干し日和 | トップページ | 菜園の恵み(221) 中カブとイチゴ »