« 菜園の恵み(221) 中カブとイチゴ | トップページ | コシアブラの胡麻和え »

ウコギ科山菜3種の天麩羅

2020年5月4日(月) 午前、息子から宅急便が届く。昨日の朝早くから、宮城・山形県境の船形山の奥深く分け入り、クマとの接近遭遇の危険を冒し、山菜を採って来たとの事、そのお裾分けである。届いたのはウコギ科のコシアブラ、タラの芽、ハリギリの3種類だが、外にアイコ(ミヤマイラクサ)、イワダラ(ヤマブキショウマ)、ヤマウドもお浸しにするくらいは取れたらしい。特に、タラの芽とハリギリの大きさ、太さ、重量感は半端ない。手賀沼周辺の丘陵地で採れる貧弱なものとは段違い、これこそ山菜の王様という感じがする。特有の精油の香りもツンツン、早速、天麩羅にしてもらい、一番搾り<超芳醇>と一緒にいただきました。上品さでは、タラノ芽>コシアブラ>ハリギリの順、香りの強さやアクの強さは、ハリギリ>コシアブラ>タラノ芽の順で、いずれも甲乙つけ難く、美味しくいただきました。ごちそうさま。
P50400021_20200505094301 P5040001_20200505094301

|

« 菜園の恵み(221) 中カブとイチゴ | トップページ | コシアブラの胡麻和え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(221) 中カブとイチゴ | トップページ | コシアブラの胡麻和え »