« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

二階建てトンネル(千葉県大多喜町)

2020年7月26日(日) 今日の読売新聞日曜版「よみほっと」のニッポン探景に登場したのは、大多喜町の養老渓谷温泉郷の温泉街から養老渓谷へと抜ける道にある二階建てトンネル、正式名は共栄・向山隧道。幻想的な緑色の光に包まれた二重トンネルは、インスタ映えするとのことで最近は撮影に訪れる若い人が多いそうで、私も若くはありませんが、2015年12月9日と2018年1月29日に訪れております。新聞の写真はプロが撮ったものでしょうが、出来栄えは私の方(右側)が良いかも?、よろしければ2018年1月29日のブログ記事「房州名所巡り」もご覧ください。
P7260001 P1290016

| | コメント (0)

菜園の恵み(231) モロヘイヤ

P7240001_20200724200901 2020年7月25日(土) モロヘイヤの初摘み、ようやく。雨続きで育ちが悪い。茹でて叩いて納豆と混ぜ合わせ、熱々の白いご飯にかけて食べるつもり、私の大好物です。

| | コメント (0)

菜園の恵み(230)ミョウガ

440p7220001 2020年7月24日(金) 長雨が続き菜園の夏野菜は全般に不調だが、もともとが日陰を好むミョウガは絶好調、にょきにょきと雨後の筍みたいに顔を出し、初収穫なのに440g、これでそうめんの薬味やミョウガの卵とじなどにふんだんに使えます。

| | コメント (0)

マタタビ酒

2020年7月23日(木) 宮城と岩手の県境で採集したというマタタビが700gほど息子から宅急便で届いたので、早速マタタビ酒を仕込みました。殆どが普通の果実より滋養強壮効果が強いと云われる虫こぶ(虫癭:マタタビアブラムシやマタタビミバエが産卵した実)ですが、汚れやヘタ(萼片)の除去が大変な根気仕事、1個1個にブラシをかけ、丁寧に水洗いしたら真夜中までかかりました、ふー。風乾したマタタビの実150g、氷砂糖150g、35度のホワイトリカー900ミリリットルを広口瓶に入れ、半年も寝かせれば出来上がります。来る冬はマタタビ酒を飲んでコロナウイルスをぶっ飛ばすつもり、はてさて。
10077770053020200727p7220003 20200722-p7220002

| | コメント (2)

ての字のうなぎ

2020年7月22日(水) 新型コロナウイルス感染の第2波到来、泥縄の、ドタバタの、お粗末極まる悪手を連発する政府、政治家も官僚も劣化したものです。家に沈殿するしかない高齢者の私、暇なので時事川柳を詠んでみました。「何で今 Go To トラブル・キャンペーン」、そしてもう一首、「東京もん 石もて追われる 岩手県」。
昨日は土用の丑の日、柏駅前に出かけた家人が高島屋の地階で「ての字のうなぎ」を買ってきました。三河湾の国産ウナギだそうです。いつもなら丑の日が過ぎてから、安くなるスーパー・カスミのウナギを食べますが、今年はどうしたことか、大浜の緑豆(甘納豆)がまだ効いているようです。ご馳走様。
P7210070 P7210071

| | コメント (0)

定点観察・下田の杜(柏市)

P7210003 2020年7月21日(火) 雨続きで延期に次ぐ延期の下田の杜のきのこ観察、今日の午後、漸く実現の運びとなり、下田の杜フォーラム会員のTさんの案内で園内を歩いてきました。出逢ったきのこは、アセタケ属4種、イタチタケ、イヌセンボンタケ(写真)、ウチワタケ、オオホウライタケ、オキナクサハツ、カレバキツネタケ、キチャハツ、キツネタケ属、クサイロハツ、クロハツ、ケショウハツ、コウジタケ、コフキサルノコシカケ、スジオチバタケ、チチタケ、チャカイガラタケ、ツエタケ、ツルタケ、ナカグロモリノカサ、ニッケイタケ、ネンドタケ、ハイイイロイタチタケ、ヒビワレシロハツ、ヒメコナカブリツルタケ、ベニタケ属4種、モリノカレバタケ属など。

| | コメント (0)

大浜の緑豆

P7140001 2020年7月14日(火) 先日、新聞の逸品紹介欄で見かけた、石川県珠洲市産青大豆(緑豆)を原料にした甘納豆『大浜の緑豆』をネットで注文し購入しました。1袋80g入りを7袋、送料880円も加えると3,148円也、1袋が450円(税・送料込み)につく高級品です。製造元は株式会社甘納豆かわむら(金沢市)、金沢にし茶屋街の老舗割烹でお茶請けや手土産に使われるという品です。なにせ家人は昔から大の甘納豆好き、これを宛がっておけば暫く我が家は平穏にして平和な状態が続くでしょう。もっと好きなのは多分ゴールド(金)ですが、それを購入する力は、年金暮らしの私には最早ありません。

| | コメント (2)

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

2020年7月12日(日) きのこ観察なら今でしょと、今日も午後から手賀の丘公園へ。到着してびっくり、第2駐車場まで満車状態、何事かと思ったら、従来のバーベキュー広場、アスレチック広場、桜並木などがオートキャンプ場?に様変わり、「RECAMPしょうなん」と称してまるで営利目的のスペースに変身、とんでもない事になっている。自然が売り物だった公園に大音響の音楽が鳴り響き、林間のそこここに車が入り込んで、日帰りや宿泊用テントが連なる。柏市は一体何を考えているのか、これでは野鳥、昆虫、植物、きのこ観察には全く不向き、嘆かわしい。泣けるね。年寄りは自粛し、若い人にスペースを譲れと云うことなのかもしれないが、いやはや情けない。
気を取り直して、人の少ない所を選んで歩き5,200歩、見つけたきのこは、アイゾメクロイグチ、アセタケ属2種、イロガワリ?、ウコンハツ?、オオツルタケ、オオホウライタケ、オキナクサハツ、オニタケ、カワリハツ、キチャハツ、キヒダタケ、クサイロハツ、クリイロイグチモドキ、クロハツ、コテングタケモドキ、コフキサルノコシカケ、シロハツ、テングタケダマシ、ニオイコベニタケ、ニッケイタケ、ノウタケ、ヒビワレシロハツ、フクロツルタケ、ベニタケ属、ヘビキノコモドキ、ミドリニガイグチ、モチゲチチタケ(仮称)、ヤマドリタケモドキなど。(写真は、左上から時計回りに、キヒダタケ、ニオイコベニタケ、ミドリニガイグチ、ヤマドリタケモドキの順)
P7120033 P7120024 P7120006 P7120009

| | コメント (0)

定点観察・船橋県民の森(船橋市)

2020年7月10日(金) 梅雨も後半の今頃は一年で最も多くの種類のきのこが発生する。きのこ観察を行うなら「今でしょ!」という訳で、家内に作ってもらった鮭おにぎりと紫蘇巻きのお弁当を抱えて、午前11時には船橋県民の森第一駐車場に到着。蚊取り線香を腰にぶら下げ、虫除けを皮膚の露出部に入念に噴霧して、念のため傘も持って観察スタート。昨秋の台風の倒木後遺症のため未だ遊歩道のあちこちが立ち入り禁止、きのこ観察は極めてやりにくい。
P7100018 P7100019
それでも、船橋県民の森では初見となる、アケボノアワタケ(写真上段)、イチョウタケ(同中段)、シロイボカサタケ(同下段)を見つけたことで良しとする。
P7100069 P7100070
出逢ったキノコは、アイバカラハツモドキ、アワタケ、イグチ属、イタチタケ、イチョウタケ、ウコンハツ、エセオリミキ、オオチリメンタケ、オオホウライタケ、オニタケ、カイガラタケ、カワラタケ、キチャハツ、クサイロハツ、クリイロイグチモドキ、クロタマゴテングタケ、
P7100094 P7100096
コテングタケモドキ、コフキサルノコシカケ、サルノコシカケ科4種、シロイボカサタケ、シロハツ、ダイダイガサ、チチタケ、チチタケ属、チャツムタケ属、ツヤウチワタケ、テングタケ、テングタケダマシ、ノウタケ、ハイイロイタチタケ、ハナオチバタケ、ヒビワレシロハツ、ヒメコウジタケ、ヒメナカグロモリノカサ、ベニタケ属4種、ムササビタケ、モリノカレバタケ属2種、ワタカラカサタケ?など。

| | コメント (0)

菜園の恵み(229) トマト(ホーム桃太郎)

P7070001 2020年7月7日(火) 中玉トマトのホーム桃太郎を1個、初収穫です。大玉トマトはカラスに食べられてしまうので、これまで作付けを敬遠してきましたが、ケイヨーD2へミニトマト苗を買いに行ったとき、うっかりして2株買い物かごに入れてしまったものです。防鳥ネットでぐるりを囲って育てています。今年は、雨が良く降るので、トウモロコシもきゅうりもトマトもカラスの害は少ないようです(旱魃が続くと鳥害拡大)。

| | コメント (0)

菜園の恵み(228) オクラ

P7040002 2020年7月4日(土) 全長15㎝のジャンボオクラが穫れました、初の1本。オクラは春先にビニルポットに種まきしたものが、芽が出た途端ナメクジやダンゴムシの攻撃に遭って全滅、さればと菜園に直播してみたものの発芽率が極端に悪く(モグラやネズミに食べられたか?、ネキリムシにやられたか?)、立ち上がったのは僅かに1株、これでは種代にもなりません。あと数本は穫れそうなので、モロヘイヤがふんだんに穫れる時迄、納豆の相方にして賞味します。

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

2020年7月3日(金) 午前、増尾城址公園できのこ観察、ジョギングする人や散歩する人など、人出が多くなる。千葉菌会員のMさんの情報では、ムラサキヤマドリタケやヤマドリタケモドキが出始めたとのこと、期待して行ったが空振りで、見つけたのは以下のきのこ。
アカハテングタケ(タマゴテングタケモドキ)、アカヤマドリ、アセタケ属、アワタケ、イグチ属、オオツルタケ、オキナクサハツ、ガンタケ、クサイロハツ、コウジアケ、ダイダイガサ、チチタケ、チャウロコタケ、チャニガイグチ、ツヤウチワタケ、ツルタケ、テングタケ、ニガイグチモドキ、ノウタケ、ハイイロイタチタケ、ハカワタケ、ヒビワレシロハツ、ヒメアワタケ、フクロツルタケ、ベニタケ属5種、ヘビキノコモドキ、ホウネンタケなど。
(写真は、左上から時計回りに、アカヤマドリ、ガンタケ、チャニガイグチ、ニガイグチモドキの順)
P6290093 P7030027 P7030028  P7030039

| | コメント (4)

菜園の恵み(227) ミニトマト

P7040001 2020年7月1日(水) 我が家の菜園でぼちぼちミニトマト(赤と黄のアイコ)が色づき始めました。去年の収穫量は32kg、今年は8株しかないのでどれぐらい穫れますか。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »