« 菜園の恵み(227) ミニトマト | トップページ | 菜園の恵み(228) オクラ »

定点観察・増尾城址公園(柏市)

2020年7月3日(金) 午前、増尾城址公園できのこ観察、ジョギングする人や散歩する人など、人出が多くなる。千葉菌会員のMさんの情報では、ムラサキヤマドリタケやヤマドリタケモドキが出始めたとのこと、期待して行ったが空振りで、見つけたのは以下のきのこ。
アカハテングタケ(タマゴテングタケモドキ)、アカヤマドリ、アセタケ属、アワタケ、イグチ属、オオツルタケ、オキナクサハツ、ガンタケ、クサイロハツ、コウジアケ、ダイダイガサ、チチタケ、チャウロコタケ、チャニガイグチ、ツヤウチワタケ、ツルタケ、テングタケ、ニガイグチモドキ、ノウタケ、ハイイロイタチタケ、ハカワタケ、ヒビワレシロハツ、ヒメアワタケ、フクロツルタケ、ベニタケ属5種、ヘビキノコモドキ、ホウネンタケなど。
(写真は、左上から時計回りに、アカヤマドリ、ガンタケ、チャニガイグチ、ニガイグチモドキの順)
P6290093 P7030027 P7030028  P7030039

|

« 菜園の恵み(227) ミニトマト | トップページ | 菜園の恵み(228) オクラ »

コメント

こんばんは!
午前中に行かれていたのですね。
私も夕方に行って来ました。
今日は期待して行ったのですが、静かな感じでしたよね。
イボテングすらあまり見かけませんでした。
アカヤマドリあったんですね!
昨年はもう少し賑やかだった様な?
しばらく通ってみます。
また情報楽しみにしてます。

投稿: ma | 2020年7月 4日 (土) 22:20

ニガイグチとヤマドリタケって見分けのポイントは何でしょうか?

投稿: ma | 2020年7月 4日 (土) 22:22

maさんへ
こんにちは。きのこは1種類づつ覚えるしかないのですが、ヤマドリタケモドキは全体に黄色っぽいのと、柄の縞模様が白色、管孔部が黄色(幼菌のうちは白色)、それと匂い・香りが良いことぐらいです。チャニガイグチは全体に茶色~こげ茶色、柄の縞模様が黒色、管孔部が白っぽく、こげ茶色のシミが出ること、匂いはいまいち。ニガイグチモドキは管孔部の色がワインカラーで独特です。

投稿: shikamasonjin | 2020年7月 5日 (日) 14:02

詳しく説明ありがとうございます!
写真でみるヤマドリタケモドキより増尾城址公園で採取されるのはスリムな様な気がして、種類が違うのか?何時も疑問です。
先程行って来ましたが、発生してませんでした。他のきのこは以前より増えてました。

投稿: ma | 2020年7月 6日 (月) 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(227) ミニトマト | トップページ | 菜園の恵み(228) オクラ »