備前焼ビアジョッキ

P6100001 2020年6月7日(日) 父の日には少し早いけれど、神奈川県大和市に住む娘から備前焼のビアジョッキをピレゼントにもらいました。横浜そごうで買ったそうです。今日から晩酌時に愛用することにしました。ありがとう!。

| | コメント (0)

続々・ステイホームの日々

2020年5月21日(木) 本日、京都府、大阪府、兵庫県の関西2府1県が緊急事態解除、14日の39県解除に続き、新型コロナウイルス感染の第一次流行は全国的に小康状態に入る。但し、私が住む千葉県は、東京都、神奈川県、埼玉県と一体の首都圏との理屈から、北海道も含めて未解除5都県に残されてしまい、尚も暫くステイホームの日々が続く。緊急事態継続の何が一番困るかと言えば、柏市の図書館が閉鎖されていること、読みたい本が借りられない。ネットで予約した本が時間指定で行けば受け取れるサービスくらいやってくれてもよさそうなものだが・・、柏市は行政サービスが悪い。仕方がないので、先日TV録画用の外付けHDを新たに購入、従来品の600GBに較べ記憶容量は2TBあるので映画をどしどし録画する。そして、録画したものの中から、長編の「ドクトル・ジバゴ」や「シンドラーのリスト」など鑑賞する。
P5100001_20200522090201 P5100002_20200522090201
最近、畑仕事が重なり、特に雑草取りで腰痛が再発、居間のソファで横になっているのが一番楽なので、毛布を被りごろ寝しながら録画映画を観ていた時の家人とのやりとり。「腰痛がひどいの?」、「な~に、寝たきりになった時の練習さ」、「そんなの、ぶっつけ本番で大丈夫、本当に寝たきりになったら私は知らないよ!」、「大丈夫、私に看病させて、という女性は他に何ぼでもいる」、「腰痛爺さんの世話をしたいなんて、そんなの居る訳ない!」、「それでも大丈夫、いざとなったら若くて美人揃いのナースがいる介護施設に入るから」、「そんなお金持ってるの?」、「・・・」。夫婦の会話がないどころか、我が家では結構弾んでおります。

| | コメント (3)

続・ステイホームの日々

P5010030 2020年5月2日(土) 最後に行きつけの南柏駅前の理髪店で散髪したのは去年の12月24日のこと、申し訳ないけれど密な接触を敬遠、今年はまだ一度も行っていない。一昨日から気温が急上昇、ぼさぼさ頭が鬱陶しいのでどうしようかと悩んでいたら、家内が散髪してくれるという。庭の植木の選定が何より大好きな家内であるが、あんな調子で頭を刈られてはたまらない。大丈夫かな?、大丈夫?、自信があると云うのでままよと頼むことに。リビングや座敷では床や畳に切り髪が散らばるし、車庫や玄関前に椅子を出してとも考えたけれど、近所の人に見られたら恥ずかしいしで、結局、玄関内の三和土に椅子を出して其処に座って切ってもらいました。どんなのがいい?、学者風?、芸術家風?、銀座モード?、千葉の渋谷(柏市のこと)モード?などと散々能書きを言っておきながら、出来上がりは田舎の中学生風虎狩りモード!。ひぇ~、外ではマスクに加えて、帽子も絶対に手放せなくなりました。一日も早くコロナ騒動が収束し、晴れて散髪に行ける日が来ることを切に願っております。(写真は宇都宮アルプスで撮影したタチシオデ)

| | コメント (2)

手賀沼散歩

2020年4月25日(土) 2018年5月20日、2019年12月9日に次いで三度目の手賀沼一周へ。全都道府県に緊急事態宣言が発令され、登山迄自粛とあっては県内の沼の縁を歩くしかなし。
P4250050 P4250051
10:00我孫子市鳥の博物館前の大駐車場を出発し、時計回りに湖畔道路を一周、今回は散策、ウオーキング、ジョギング、サイクリングする人が多く密状態の湖畔遊歩道を避け、少し大回りになるけれど、その外側の湖畔道路を周回する。
P4250001 P4250013
コースは、鳥の博物館駐車場→滝前不動尊→五本松公園→手賀沼フィッシングセンター→あけぼの橋→岩井山龍光院安楽寺・平将門神社→道の駅しょうなん(沼南)→北千葉導水ビジターセンター→柏ふるさと公園→柏ふるさと大橋→武者小路実篤邸跡・船戸の森→手賀大橋→水の館→鳥の博物館駐車場。
P4250029 P4250035
15:50車に戻り所要時間5時間50分、スマホの万歩計からだメイトの記録は29059歩、21.5㎞、ジオグラフィカでは19.5㎞。詳しくは姉妹ブログの「自惚山人ノオト」の記事「639.手賀沼周回」をご覧ください。

| | コメント (0)

21世紀の森と広場(松戸市)

2020年4月19日(日) 午後から長距離散歩、今日は松戸市の千駄堀にある総合公園「21世紀の杜と広場」を往復、コースは、自宅→根木内→小金原→21世紀の杜と広場→常盤平→金ケ作→小金原中央公園→下田の杜→光が丘→自宅。所要4時間、21,558歩、15.6㎞(ただしジオグラフィカの距離数は14.3㎞)。腰が痛くなりました。
P4190009 P4190007

| | コメント (0)

上富士川河畔散歩

Dsc_0564 2020年4月8日(水) 春うらら、千葉県民には不要不急の外出自粛要請がなされているが、散歩は認められているので、我が家の家庭菜園近くに水源がある上富士川に沿って散歩に出る。往きは右岸を歩き坂川合流点(写真)に至り折り返し、帰りは左岸を戻る。上富士川は清流には程遠く、河畔にも圃場や家庭菜園が広がるばかりで何の風情もないけれど、家に沈殿しているよりは、春風に吹かれてのんびり歩く方が健康的、同じ思いの人々が、サイクリング、ジョギング、ウオーキングに興じており、家族連れ、夫婦、カップル、おひとり様など色々。12768歩、9.4Km、2時間15分。

| | コメント (2)

巣篭りの時間潰し

Img20200403_23563397 2020年4月4日(土) 新型コロナウイルスの感染流行は拡大するばかり、柏市でも続々感染者が増加中。自粛で自宅待機生活が続く年寄りの暇潰しにはビデオの映画鑑賞が最適、昨日は「嵐が丘」(1939年)と「愛の調べ」(1947年)を鑑賞しました。その前の日は「黄昏」(1951年)、前々日は「山河遙かなり」(1948年)。もっぱらアメリカの古い映画を見ています。読書も毎日長時間では飽きるので、合間にユーチューブでフォークソング、例えばNSPの「八十八夜」、風の「あの唄はもう唄わないのですか」、鈴木一平の「水鏡」などを視聴してアクセントをつけています。皆さんは如何お過ごしですか。

| | コメント (4)

続・読書三昧

P3100002 2020年3月10日(火) 光が丘近隣センター内の市立図書館分館へ本を返しに行くと、何と柏市内の図書館全18館が新型コロナウイルスの感染防止のため2月29日から今月16日まで臨時休館とのこと、巣篭りに頼みの綱の図書館までが閉まってしまう。仕方がないので、長らく積ん読状態にあった村上春樹著の長編小説「1Q84」を読むことに・・。家内はファンだけれど、自分はどうも今一。

| | コメント (0)

黒い森のビール醸造所

P3050001 2020年3月5日(木) 毎週木曜日は語学学習の日、今週月曜日のNHK教育テレビ「旅するドイツ語」を録画で視聴し、毎木曜日掲載の読売新聞夕刊の英語クロスワードを解きます。何せ何処にも出かけないので時間は有り余るほど。今週の旅するドイツ語は黒い森のビール醸造所が舞台、人口6000人のアルピルスバッハ(ALPIRSBACH)にある地ビールメーカーAlpirsbacher Klosterbraeu、名前の通り彼の地に1094年創建された修道院醸造所が前身です。現在の会社は1877年創業、年産2万キロリットル、ビール醸造博物館も併設しており、22種類のビールを作っているようです。
新型コロナウイルス騒動がなければ、今年の4月下旬にドイツ南西部の黒い森の小さな町を巡る旅に出かける予定でしたが、やむなくキャンセルしてしまいました。国内の感染が更に拡大すれば、ヨーロッパの国々でも日本人を14日間検疫隔離するようになるかもしれません。まあ、海外旅行は当面ストップ、クルーズ船はもっての外、落ち着いたら又チャンスがあるでしょう。

| | コメント (0)

読書三昧

P3020006 2020年3月1日(日) 千葉県内の新型コロナウィルス感染者は昨日まで16人、柏市居住者2名、松戸市居住者が1名、殺人ウィルスが静かに蔓延している状況ではおちおち外にも出られない。PCR検査数を故意に抑え、後手後手、泥縄のピンボケ政府の対策要請に従う訳ではなく完全なる自衛策、天気は良いけれど今日も家居して巣ごもり、図書館からなるべく厚めの本を5冊借りてきて読書三昧で過ごす。明日から始まる全国小中高校の一斉休校などは愚策中の愚策、これまでのデータから明らかなように子供たちは罹患しても重症化しない。あぁそれなのに・・、世襲政治家のお坊ちゃま総理には最前線で働く庶民の苦労や痛みなど全く分かっちゃいない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧