ららぽーと柏の葉

2017年9月15日(金) 今日は家内の六十何回めかの誕生日、もう誕生日を愛でる歳でもないけれど、さりとて知らんぷりP9150002もできないので、ららぽーと柏の葉にある三井ガーデンホテル柏の葉一階のイタリア料理店コメ・スタへ行きランチ会食。大船渡市越喜来湾産直の大粒ムール貝をたっぷり使ったパスタと、厚焼きナスのピッツァを食べる。それから、北館のモンベルに寄って自分用のズボンを買い、更に、ららぽーと本館一階の口福堂で妻の大好物の栗大福3個とさつま芋饅頭2個を購入して献上する。これぐらいで過ぎてくれればと願ったが、どうもまだ不服な様子がありありと見えるので、10月のクロアチア旅行の代金も全額私が面倒見ることに。太っ腹、太っ腹、男は金離れが良くないと・・、トホホ。

| | コメント (4)

秀山祭九月大歌舞伎見物

Img0682017年9月6日(水) 今日は家内の御供で歌舞伎見物、高島屋友の会の積立コースで毎月1万円を1年間積み立てると、満期時点で利息代わりに歌舞伎の招待券が2枚もらえるそう。9:18のバスで出発し、千代田線、日比谷線と乗り継いで東銀座の歌舞伎座へ。前から2列目、37番と38番に座る。昼の部は11時開演で演目は三つ、「彦山権現誓助劔(ひこさんごんげんちかいのすけだち)・毛谷村」(11:00-12:15)、「仮名手本忠臣蔵・道行旅路の嫁入(みちゆきたびじのよめいり)」(12:45-13:15)、「極付播隨長兵衛(きわめつき・ばんずいちょうべえ)・公平法問諍」(13:35-15:15)。各演目の主な役者は順に、市川染五郎、坂田藤十郎、中村吉右衛門&市川染五郎。久しぶりに東京へ出て、4時間も椅子に座りっぱなしだったので、少々疲れました。

| | コメント (2)

27年の絆

Dsc_00062017年8月26日(土) 15時、妻に南柏駅へ送ってもらい、最適生産研究会(異業種交流会)に出席するため千代田線と丸ノ内線を乗り継いで新宿三丁目へ。一次会(17:00-20:00)は上海酒場新宿三丁目店、二次会(20:20-21:00中座)はキリンシティ新宿東口店。27年前の平成2年(1990年)、日本能率協会主催の1年間の異業種交流研修・生産技術部会で知り合った仲間が、今でも略毎年一回集まって親交を深めている。当時の所属企業は、トヨタ、日産、ホンダ、松下電器、ソニー、東芝、NEC、富士通、オムロン、TDK、富士ゼロックス、日通工、ダイキン、岡村製作所、小松製作所、TOTO、コニカ、雪印乳業、キリンビール、大蔵省(印刷局)の19社&1省庁。会長のMさん(ソニーOB)が75歳で最長老、最も若いメンバーでも還暦を迎え、今なお現役は四人、誠に残念ながら若くして亡くなってしまった企業戦士も数人いる。今回の出席者は12名、幹事は現役のひとりTOTOのEさん、そろそろ交流会の名称も「最適人生研究会」に変更し、最後の二人になっても本会を続けようと盛り上がる。二次会の途中で、今日は長時間座ったためか腰痛がひどくなり中座、杖を突きながら歩き何とか23時前に帰宅。

| | コメント (0)

映画「GANDHI」

Gandhi_p80900022017年8月9日(水) 日本海を進んだ台風5号に向かって吹き込む南風が山地を越えて熱風となって吹き下ろすフェーン現象が発生し、今日の関東各地は猛暑日を観測、館林38.8℃、熊谷市38.1℃、東京都心37.1℃など。2階の閉め切った私の書斎でも33.9℃、こんな日に畑仕事でもやろうものなら熱中症で倒れかねない。エアコンの効いた居間のソファに寝転んで映画鑑賞が一番と、先月の南インド旅行の復習に、「GANDHI(ガンジー)」を観る。1982年公開のイギリス・インド合作映画で第55回アカデミー賞の8部門受賞(作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、美術監督・装置賞、衣装デザイン賞、編集賞)の名作、じっくり楽しみ、のんびり休めました。御蔭で腰痛も少し良くなったような・・。

| | コメント (0)

御飯岳で出逢った花

2017年6月26日(月) 万座温泉日進館に宿泊し近場の山歩き、今日は群馬百名山及び信州百名山の付属12座に選定されている上信国境の山・御飯岳(おめしだけ:標高2160m)に登り、ダケカンバやナナカマドの新緑と、雪解け直後の草原に絨毯の様に広がる高山植物の可憐な花々を楽しんできました(詳しくは、姉妹ブログ「自惚山人ノオト」の記事「598. 御飯岳」をご覧ください)。写真は、左上から時計回りに、コケモモ、ゴゼンタチバナ、シロバナコイワカガミ、ツマトリソウの順、他にはアズマシャクナゲ(標高2000m付近)が終わりかけ、マイヅルソウ(同)はまだ蕾でした。
P6260023P6260042P6260013P6260096











 

| | コメント (0)

黒伏山で出逢った花

2017年6月17日(土) 今日は御所山(船形山)の前衛峰、黒伏山(標高1227m)に単独登山。舟形連峰はクマの巣なので、熊避けの鈴を3個ぶら下げ、登山ステッキの代わりにきのこ鎌で武装して行きました。幸いクマには遭遇しなかったものの、ハイカーも皆無で実に静かな山歩きでした(詳しくは姉妹ブログ「自惚山人ノオト」の記事「597.黒伏山」参照)。山中で出逢った花は、コイワカガミ(写真左上)、シラネアオイ(右上)、タニウツギ(左下)、タムシバ、ツバメオモト(右下)、ユキザサなど。
P6170358P6170380P6170332P6170362




| | コメント (0)

筑波山で出逢った花

2017年5月2日(火) 今年1月のバルカン半島六か国旅行でご一緒したSさんと、今日は筑波山に登ってきました(詳しくは、姉妹ブログ「自惚山人ノオト」の記事「594. 筑波山(女ノ川コース~女体山~筑波高原キャンプ場コース)」をご覧ください)。山中はカタクリやニリンソウの花盛り、珍しいシロバナカタクリ(アルビノ?)も見つけました。花は他に、エンレイソウ(種)、キクザキイチゲ゙、キジムシロ、ミヤマシキミ、ユキザサなど。
(写真は、上段左がカタクリ、同右がシロバナカタクリ、下段左がヒトリシズカ、同右がミミガタテンナンショウ)
P5020017P5020025P5020007P5020003_2









| | コメント (0)

定点観察・五本松公園(我孫子市)

P42900272017年4月29日(土) いよいよGWがスタート、山へと思ったけれど、渋滞を嫌い自粛。午後から五本松公園へ行ってきのこ観察。残念ながらきのこは皆無、唯の1本も見つかりません。仕方がないので我孫子市東洋蘭友の会によって植えられたエビネとキエビネを鑑賞してきました。他に野の花は、キンラン、ジュウニヒトエ、ホウチャクソウなど。

| | コメント (0)

ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史」

2017年4月26日(水) 随分長いことかかって、ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史 古代から現代まで」(藤原書店、2016年1月30日初版第1刷発行)をようやく読み終えました。著者は1943年イラン生まれのアルメニア人、アメリカ在住(アメリカ国籍)の歴史家でアルメニアとイラン研究の第一人者、現職はアイオナ大学教授。もともとは、2015年10月のコーカサス三か国旅行の復習として読みImg060_2始めたものですが、なにせ525頁の大著、3ページも読むと眠くなる毎日で、県立図書館から借り直すこと三、四度、しかも延長を繰り返してやっと読了しました。歴史的アルメニア(大アルメニア王国)は、現在のアルメニア共和国だけでなく、アララト山を含むトルコ東部の大半、イラン北西部、アゼルバイジャンとジョージア両共和国とからなり、アジアとヨーロッパ間の回廊という地政学的位置から、しばしば侵略者を引き付け、アッシリア人、スキタイ人、ギリシア人、ローマ人、ペルシア人、アラブ人、クルド人、トルコ人、モンゴル人、トルクメン人、ロシア人に、入れ替り立ち替り支配されたとの事、その結果、アルメニア人難民は世界中に離散して、各移住先で離散共同体を形成し、民族のアイデンティティと国体を辛うじて維持してきた事。現在のアルメニア共和国の人口は250万人であるが、国外在住のアルメニア人は500万人(ロシアに200万人、アメリカ合衆国に100万人・・)にも及び、ユダヤ人同様に、地球のほぼ全ての国に居住している事。そしてトルコとの歴史認識は異なるが、1895~1896年のオスマン帝国によるアルメニア人大虐殺(50万人以上)と、1915年のオスマン帝国によるアルメニア人ジェノサイド(100~150万人)があった事など、本書により初めて知りました。

| | コメント (2)

大梅寺(たいばいじ)のヒヨクヒバ

P41301232017年4月13日(木) 大梅寺は、松島瑞巌寺を退山した雲居国師(うんごこくし)が此所の白鹿堂跡に来て庵を結び終焉の地に定めた寺で、慶安三年(1650)に創建された臨済禅宗の古道場、所在地は仙台市青葉区茂庭字綱木裏山4番地。
西風蕃山、蛇台蕃山、萱ケ崎山、蕃山に登り、蕃山山頂から大梅寺に下りて来て境内のベンチで一服、傍らに聳えるヒヨクヒバを仰ぎ見る。幹周4.2m、樹高22m、推定樹齢320年の堂々たる巨木は、昭和52年(1977)仙台市の天然記念物に指定されている。因みにヒヨクヒバはサワラの園芸的一変種。 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧