大梅寺(たいばいじ)のヒヨクヒバ

P41301232017年4月13日(木) 大梅寺は、松島瑞巌寺を退山した雲居国師(うんごこくし)が此所の白鹿堂跡に来て庵を結び終焉の地に定めた寺で、慶安三年(1650)に創建された臨済禅宗の古道場、所在地は仙台市青葉区茂庭字綱木裏山4番地。
西風蕃山、蛇台蕃山、萱ケ崎山、蕃山に登り、蕃山山頂から大梅寺に下りて来て境内のベンチで一服、傍らに聳えるヒヨクヒバを仰ぎ見る。幹周4.2m、樹高22m、推定樹齢320年の堂々たる巨木は、昭和52年(1977)仙台市の天然記念物に指定されている。因みにヒヨクヒバはサワラの園芸的一変種。 

| | コメント (2)

仙台三十三観音 第14番 森城山大林寺

2017年4月12日(水) 大林寺の所在地は、仙台市若林区新寺4-7-6、曹洞宗の寺院である。観音堂の本尊は千手観世音菩薩、本堂の本尊は釈迦牟尼仏。天文元年(1532)、伊達家十四世稙宗の開基で羽州置賜郡米沢鮎見村に創建されたが、その後、政宗に随って岩出山に移り、更に仙台に移転して現在に至る。
今回の帰省は、春のお彼岸に帰れなかったための墓参がメイン、午前中で雨が上がったので宮城生協榴岡店でお供えの花を買って大林寺へ。墓地には外に誰も居ない。花を供え、線香を点けてから、般若心経を唱え、祖父母、父母、弟の菩提を弔う。そしていつものように観音堂に立ち寄り、千手観世音菩薩にお参りする。奥州観音霊場と奥の細道三十三霊場巡りも残す処僅か、次は地元の仙台三十三観音巡りを発願、菩提寺の大林寺を皮切りに本日から巡礼を開始する。
P4110020Dsc00268

| | コメント (0)

瑠璃光寺(山口市)

P22104452017年2月21日(火) 保寧山・瑠璃光寺(ほねいざん・るりこうじ)の所在地は山口市香山町7-1、曹洞宗の寺院で本尊は薬師如来。文明三年(1471)、陶氏七代陶弘房の菩提を弔うために夫人が山口市仁保に創建したのが始まり。毛利氏の萩移封に伴い、現在地にあった大内義弘建立の香積寺を萩に引寺したため、元禄三年(1690)、瑠璃光寺が跡地に移転してきて現在に至る。大内文化の最高傑作と云われる国宝・五重塔は、室町時代の嘉吉二年(1442)頃の建立、大内義弘の菩提を弔うため、弟である大内盛見が現在地に建設を始め、盛見の死後10年を経て完成した。
15:30長州苑瑠璃光寺店駐車場でバスを降りる。瑠璃光寺の境内である香山公園に入り、国宝の五重塔を池越しに眺める。端正な姿形の品の良い五重塔である。京都の醍醐寺、奈良の法隆寺のものと並び、日本三名塔の一つに数えられることもあるというが素直に納得、まあ東北県人としては、出羽・羽黒山の五重塔も加え四名塔として欲しい気もするが・・。「露山堂・枕流亭」を横目に眺めながら、「うぐいす張りの石畳」P2210441へ進み手を叩いて反響を確かめる。毛利家十三代敬親公夫妻、十四代元徳公夫妻、十五代元昭公夫妻が眠る国指定史跡の「萩藩主毛利家墓所」を見学、本堂で御本尊薬師如来にお参りし、更に水かけ地蔵にもお参りする。五重塔を真下から眺めてから池巡り、若山牧水の歌碑「はつ夏の山のなかなるふる寺の古塔のもとに立てる旅人」(明治四十年六月詠)と、司馬遼太郎作の「街道をゆく」の一節『「長州はいい塔をもっている」と惚れぼれするおもいであった・・』の石碑が建ててある。帰ったらもう一度「街道をゆく 1 長州路ほか」を読んでみよう。長州苑で夏みかんキャラメルとあん桜を購入P2210463すると観光終了、新山口駅へ送ってもらい、この3日間お世話になった防長観光バス運転手の山下さん、ガイドの中野さんと別れる。17:40のぞみ54号乗車、14号車の15A、15B席に座る。早速、駅弁を開き、夫婦あなごめしと山のおべんとうを食べる。車中の暇つぶしに、イヴォ・アンドリッチ著「ドリナの橋」を読み、バルカン半島旅行の思い出に浸る。22:13東京駅着、23:45無事帰宅。

| | コメント (0)

常栄寺(山口市)

2017年2月21日(火) 香山・常栄寺(こうざん・じょうえいじ)の所在地は山口市宮野下2001、臨済宗東福寺派の寺院で本尊は千手観世音菩薩。永禄六年(1563)毛利元就が息子P2210396隆元の菩提を弔うために、竺雲慧心を開山として、安芸国吉田に創建したのが始まり。その後、毛利氏の萩移封に伴い、慶長年間(1596-1615)山口市水の上町に移し国清寺と合寺、更に文久三年(1863)山口市宮野下に移り、大内政弘別邸跡にあった妙寿寺を合寺、現在に至る。大内政弘は明から帰朝した雪舟を招いて北側の後庭を造らせたと伝えられ、これが現在も残る名園、国の史跡並びに名勝「常栄寺庭園」(通称雪舟庭)である。
弥栄神社参拝を済ませ大急ぎで沙羅の木に戻る。松韻亭に上がり、国の登録記念物の庭園を眺めながら、予約しておいたコーヒーセット(特選ブレンドコーヒーに自家製源氏巻付)をいただく。コーヒーは香りが高くまろやかな味わいで絶品。仲居さんの話では、アンアン、ノンノ時代の萩・津和野ブームは完全に去り、観光客が減少して厳しいとのこと、リピーターが期待できないところは今後益々難しいかも。13:50津和野を後にし、最後の観光地山口市へ。国道9号線を走る。リンゴの駅徳佐(ダチョウ牧場併設)を過ぎ木P2210405戸山トンネルを抜けて、14:50常栄寺駐車場着。鐘楼門をくぐり、明治天皇宿泊の間(昭和42年当山に移築)を見学、本堂に上ってご本尊の千手観世音菩薩にお参りしてから、北側の雪舟庭、南側の南溟庭(なんめいてい)を見学する。雪舟庭は池泉回遊式庭園で、中央に心字池、枯山水と枯滝を配して雪舟の水墨画の世界を表現したものといわれるが、門外漢の自分には庭園の素晴らしさがいまいちよく分からない。庭に降りて心字池を一周する遊歩道を歩き、雪舟の筆塚や大内政弘公母君妙喜寺殿の墓などを見学、広葉樹の玉切りに発生したセンボンクヌギタケを見つける。次は瑠璃光寺へ。

| | コメント (0)

弥栄神社(津和野町)

P22103852017年2月21日(火) 弥栄神社(やさかじんじゃ)の所在地は、島根県鹿足郡津和野町後田67番地、津和野川河畔に鎮座する。祭神は須佐之男命。正長元年(1428)、三本松城主吉見氏が祇園社の分霊を太鼓谷山に勧請したのが始めとされる。永享九年(1437)吉見弘信が社地を下元原(現在地)に遷座し、三本松城の鬼門を守る社とした。創建時より「滝本祇園社」という社名であり、現在の社名に改めたのは慶応三年(1867)のことである。毎年祇園祭の7月20日(ご神幸の日)と27日(ご還幸の日)に行われる国の重要無形民俗文化財・鷺舞は弥栄神社の神事。
P2210388太鼓谷稲成神社にお参りしたのち、再び千本鳥居が林立する表参道の石段を下り、麓にある弥栄神社にお参りする。社殿の傍らに津和野町指定天然記念物、御神木の「弥栄神社の大欅(ケヤキ)」が生えている。樹齢は六百年以上、樹幹におおきな洞ができているが、樹勢今なお盛んな様子。時間が押してきたので、注文しておいたコーヒーを飲み損なっては勿体ないと、集合場所の沙羅の木へ急ぐ。

| | コメント (0)

太鼓谷稲成神社(津和野町)

2017年2月21日(火) 太鼓谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)の所在地は、島根県鹿足郡津和野町後田409番地。祭神は宇迦御魂神(うがのみたまのかみ)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)。安永二年(1773)、津和野藩七代藩主亀井矩貞が京都の伏見稲荷大社から分霊を勧請し、三本木城(津P2210359和野城)の鬼門に当る太鼓谷の峰に社を創建したのが始まり。今では中国地方有数の稲荷神社となり、「日本五大稲荷」と称している(他の4社は、京都市伏見区・伏見稲荷大社、茨木県笠間市・笠間稲荷、宮城県岩沼市・竹駒神社、佐賀県鹿島市・祐徳稲荷神社)。また全国に三万有余ある稲荷社の中で「稲成」の字を当てるのは当社の一社のみ(昨日、参拝した長門市の元乃隅稲成神社をカウントすれば二社)。
沙羅木を出て殿町通りを大橋まで戻り、弥栄神社の境内を通り、千本鳥居(実際には1170本あるとのこと)が連立する表参P2210374道へ。津和野川の河岸段丘斜面に取り付けられた参道は雷光型に山上へと続く。いきなりの急な石段登りに息が切れる。津和野川の流れと町並みを見下ろすテラスに出るとゴールは近い。山上広場には朱塗りの華麗な社殿が建ち並ぶ。正面の本殿は昭和44年(1969)の竣工、年間100万人以上の参拝客を誇る社だけあってさすがに豪壮なものである。拝殿にお参りし、本殿の後ろへ回って奥宮にお参りし、更に右手高処の元宮にもお参りする。これであっけなく津和野観光は終了、森鴎外記念館や西周旧居、津和野城址へも行ってみたかったが・・、まあ近くに島根県内最高峰の安蔵地山(標高1263m)もあることだし、登山がてら又来よう。

| | コメント (0)

松陰神社(萩市)

P22103222017年2月21日(火) 松陰神社の所在地は、萩市椿東1537番地。祭神は吉田松陰。明治二十三年(1890)、松陰の実家・杉家の邸内に、実兄杉民治が土蔵造りの小祠を建て、松陰愛用の赤間硯と松陰の書簡を神体として祀ったのが始まり。明治四十年(1907)、松下村塾出身の伊藤博文と野村靖が中心となって神社創建を請願し、萩城内にあった鎮守宮崎八幡の拝殿を現在地に移築して土蔵造りの本殿に付し、同時に県社に列格した。現在の社殿は昭和三十年(1955)の再建。
萩城城下町を後にし、松陰神社へ行く前に村田蒲鉾店に立ち寄る。板カマボコと竹輪を試食、どちらも香ばしく美味しい。高P2210310級魚エソすり身100%の「村次郎」とフグ皮入りカマボコを薦められたがパス。10:30松陰神社駐車場でバスを降りる。境内で、明治維新胎動の地石碑、「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界遺産に登録された松下村塾、松陰幽囚の旧宅、孝行竹、天皇陛下・皇后陛下行幸啓碑(平成六年11月19日)、皇太子殿下・妃殿下行啓碑(平成五年7月27日)などを見学してから、松陰神社と、その北隣の松門神社にお参りする。松門神社は松陰神社の旧社殿を移築し、久坂玄瑞、高杉晋作ら塾生・門下生の52柱を祀っている末社。

| | コメント (0)

厳島神社(萩市)

P22102372017年2月21日(火) 厳島神社(厳島大明神とも、以前は越ヶ浜明神社とも呼ばれた)の所在地は、山口県萩市越ヶ浜4区(萩市椿東6476)、明神池の池畔に鎮座する。祭神は、素戔嗚尊の娘である市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫尊(たぎつひめのみこと)の三女神。毛利二代藩主綱広公の時代、安芸国宮島より厳島大神をこの地に勧請し、越ヶ浜地区の氏神様として祭祀、現在に至る。
ホテルで朝食を食べた後、腹ごなしに近所の散策に出る。5分ほど下ると、明神池に出る。もとは島だった笠山が潮流が運P2210234ぶ砂や火山の溶岩で陸続きになったときに、埋め残されてできたる鹹水湖で、今も溶岩の隙間から海に通じているため、鯛、ボラ、チヌ、メバル、エイなど約20種類の海の魚が生息し、学術的にも貴重なものとして国の天然記念物に指定されている。池自体は何の変哲もなく、特別に風光明媚ということでもない。池畔にある風穴を見学、12~13℃という涼しい風が吹き抜け、夏なら天然クーラーが楽しめる場所らしいが、今は全く分からない。その先に三条実美の歌碑「この国の濁らぬ水にすむ魚は游ふさまさへ勇ましきかな」が建つ。橋を渡って厳島神社にお参りし、ホテルに戻る。

| | コメント (0)

元乃隅稲成神社(長門市)

2017年2月20日(月) 元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)の所在地は、山口県長門市油谷津黄498番地、祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)。昭和三十年P2200137_2(1955)島根県津和野町の太鼓谷稲成神社から分霊を勧請したもので、日本に3万2千社あると云われる稲荷社で、「稲成」の字をあてるのはこの2社のみ。「元乃隅稲成神社由緒」によると、『近隣の、ある神社の関係者が、この地の景観を見初め、神社からこの地に移転の申し込みがあった。その日の深夜、一匹の白狐が、岡村斎の枕元に現れ、昔からのかかわりを、詳しく話した後、「斎、他の神を祀るとは何事だ、吾をこの地に鎮斎せよ、そうすれば必ずその真心に応えよう。」との、お告げに従い、昭和三十年四月元乃隅を神定の聖地とみなし、元乃隅稲成神社を奉斎。社P2200145は小さくとも、霊験は際立っており、多くの人々の口コミで広く知られ、商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神です。 敬白」。
下関を後にし小月から日本海側へ山越え、響灘の海岸沿いを走る。風が強く海は大荒れ。道の駅北浦街道豊浦でトイレ休憩(11:05-11:20)、傍らに和久古墳がある。油谷湾を過ぎ日置町で左折、津黄峠越えの細い道を進み、12:10日本海に面する崖上に鎮座する元乃隅稲成神社到着。風雨が強く傘が役に立たない。社殿へ至る近道の水平道があるが、せっかくなので一P2200142旦展望台まで下って、千本鳥居をくぐって正式参拝する。ずぶ濡れになりながらもどうにか社に辿り着き、家内安全を祈願する。社殿の左手の高処に大鳥居があり、高さ5mの貫(ぬき)に賽銭箱が取り付けてある。そこに御賽銭を投げ上げて、上手く入った場合にはご利益も倍加するらしいが、雨がひどいのでチャレンジせず。此の地はもともと「龍宮の潮吹き」という奇観で有名な場所であるが、CNNが2015年3月30日にWEB上で発表した「日本の最も美しい場所31選」に選ばれて一躍有名になった由、残念ながら龍宮の潮吹きを見ることはできませんでした。

| | コメント (0)

赤間神宮(下関市)

2017年2月20日(月) 赤間神宮の所在地は、下関市阿弥陀寺町4-1、祭神は第八十一代安徳天皇。貞観元年(859)阿弥陀寺として開闢。建久二年(1191)勅命により赤間関(下関)に安徳天皇御影堂が建立され、建礼門院ゆかりの尼に奉仕させた。以後、江戸時代まで勅願寺として崇敬を受けてきたが、P2200119明治の神仏分離により阿弥陀寺は廃され、神社となって「天皇社」と改称した。明治八年(1875)官幣中社に列格したことで赤間宮に改称、昭和十五年(1940)官幣大社に昇格して赤間神宮に改称した。第二次世界大戦により社殿を焼失、現在の社殿は昭和四十年(1965)に再建されたもの。
8:00北九州八幡ロイヤルホテルを出発、関門橋を渡り下関市に入る。8:50唐戸市場駐車場着、歩いて赤間神宮へお参りに行く。赤間神宮の左隣に、日清講和条約締結会議の会場となった春帆楼が建つ。竜宮造りの水天門をくぐり、型通り拝殿にお参りする。そして拝殿の左手奥にある耳なし芳一木像を祀る御堂を見学、ここ阿弥陀寺を舞台とした物語は小泉八雲の「怪談」に取り上げられ広く知P2200117られている。また、その傍らにある平家一門の供養塔(七盛塚)も見学、壇ノ浦の戦いで敗れた大将中納言知盛、従二位尼時子を含む14名が祀られ、名前に「盛」の字が付く者が多いことから七盛塚と称する由。傍らに、高浜虚子の句碑「七盛の 墓包み降る 椎の露」が建つ。後日ネットで調べると、昭和60年(1985)源平800年を期に全国平家会が設立され、石川県輪島市にある平時忠の子孫「時国家」に分霊が親授され、能登安徳天皇社の称号が授与されたとのこと。小生が入社当時の社長が能登の上時国家の出身?だった縁で、時国家は会社の慰安旅行で見学したし、2011年5月の能登旅行でも訪ねたが、迂闊にも御社の存在に気付かずじまい。9:25バスに戻り、唐戸市場隣のカモンワーフへ移動しショッピング。地ビール源平壇ノ浦ピルスナーを1本購入する。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧