干し芋作り(第二弾)

P11700032019年1月17日(木) サツマイモが傷みだしたので、家内と共同作業の干し芋づくりを又やりました。シルクスイートの保存性は今一、凍みないように部屋の中に入れて置いたのですが、それでも茶褐色に変色した部分がじわじわ広がり、ぶよぶよしてきます。蒸かし缶2台をフル回転、各三回芋を蒸かし、少し厚めに切って、平笊3枚と格子カゴ3個に並べて干しました。今後一週間、天気が良さそうなので、美味しい干し芋に仕上がりそうです。苦労して収穫したイモを無駄にすることなく、ほっとしました。

| | コメント (0)

仙台雑煮

P11600012019年1月16日(水) お正月も大分過ぎた今日になって初めて仙台雑煮を食べました。主役の焼きハゼは息子夫婦が秋に松島湾で釣り上げ、焼き干ししたものを、年末に持ってきてくれました。焼いた餅をはじめ、挽き菜(大根とニンジンの千切り品を冷凍乾燥させたもの)、牛蒡、ズイキ(里芋の茎の乾燥品)、凍み豆腐、かまぼこ(本来は鳴門巻き)、糸こんにゃく、セリなど具沢山、しょうゆ味で美味しいです。

| | コメント (0)

チョウメイソウ(長命草)

P11202082019年1月12日(土) 座間味島のアカハゲ地層付近の道端に自生していました。現地の人はチョーミーソウとかサクナと呼んでいましたが、標準和名はボタンボウフウ、海岸沿いに自生するセリ科の植物です。ちょっと見はアシタバかと思いました。沖縄だけでなく、関東以西に自生するようなので、今度房総半島の海辺でも探してみます。夕食の膳に天麩羅が一葉付きましたが、美味でした。

| | コメント (0)

干し芋造り

Pc1800612018年12月19日(水) 今の季節の我が家の恒例行事、干し芋作り。昨日の午前中一杯かかり、大きな蒸かし缶で2回、大きな芋を選んで蒸かし、皮を剥いて薄切り(といってもかなり厚い!)、平笊3枚に広げて干しました。ダンボールに入れて屋外に保存している芋が、寒波襲来で凍ると腐ってしまうので、年内処理が必須です。

| | コメント (0)

我が家の「へんないも」

Pc1500012018年12月15日(土) 今日TVで放送していましたが、滋賀県湖南市の焼き芋「へんないも」が大人気とのこと、品種はシルクスイートで、焼き方を工夫して糖化酵素をより良く働かせ、糖度30度の蜜芋に仕上げたものらしい。我が家の家庭菜園で作っているのも同じシルクスイート、今年は50kg以上穫れ、あちこちに配りましたが、なお在庫が30kgくらいあります。お昼は焼き芋だけの日も。トースターの1200Wで10分-10分-10分のパターンで計30分、柔らかくて甘くて美味しい焼き芋が出来上がります。冷蔵庫で熟成させると尚美味しくなるらしいので、早速確かめてみます。

| | コメント (0)

キャンディラディッシュの漬物

2018年12月10日(月) 菜園で二十日大根の一種、キャンディラディッシュが取れるので、我が家では漬物にして食べています。キャベツと一緒に浅漬け、もう一種類はキュウリと一緒にキムチ、丸ごと生食もできるようです。茎葉も食べられます。美味しいです。
Pc050001Pc110002_2

| | コメント (0)

黒ニンニク

20181117pb2500032018年11月21日(水) 17日、仙台の山仲間4人と作並温泉近くの鎌倉山(標高520m)に登ってきましたが(詳しくは姉妹ブログ『自惚山人ノオト』の記事「623.鎌倉山(仙台市)」をご覧ください)、今日は、4人のうちのひとりSさんから黒ニンニクをいただきました。電気釜の保温機能を使い、20日間を要して作るという非常に手間暇のかかる発酵食品です。最近よぼよぼして、山を登る足取りも頼り無くなった私を心配して持ってきてくれたようです。毎日1片づつ食べて健康寿命を少しでも延ばしたいものです。Sさま、お気遣いありがとうございました。

| | コメント (0)

だて正夢?

20181117pb250003_32018年11月17日(土) 仙台の山仲間のMさんから今年の新米を頂きました。5㎏。袋に銘柄が書かれていないので分かりませんが、本年満を持してデビューし、次世代のプレミアムブランド米として只今売り出し中の「だて正夢」でしょうか、それとも「ひとめぼれ」か「ササニシキ」、何にしてもご馳走様です。仙台の女性は本当に奥床しく、そして山仲間はいつまでも義理堅く、有難いものです。お礼に、また、ホシヤマ珈琲アエル店でコーヒー&ケーキセットでもご馳走しましょう、そのうちに。

| | コメント (0)

菜園の恵み(194) 矩形自然薯(Ⅱ)

2018年11月12日(月) サツマイモを何とか掘り取り、サトイモも残り12株と目途をつけ、いよいよ矩形自然薯掘りに本格的に取り掛かる。連日、芋掘りに次ぐ芋掘りの重労働、中休みして温泉にでも行かないと、気力はともかく体が持たない。半日かかって山の芋の畝を半分ほど片付ける。これまでの累計収量は6.0㎏、最大のイモは約1㎏。昨年は5.5㎏の収穫があったが、今年は倍くらい取れそう。
Pb120001Pb120003

| | コメント (0)

菜園の恵み(193) 大根

Pb1100022018年11月11日(日) 午前、畑へ出かけて里芋と山の芋と大根掘り。大根は、5、6年前に種取りして保存してあった冬どり大蔵大根を9月11日に蒔いたものだが、60日目にして初収穫。今年は大根の出来が良く、太めでずっしり思い。しかも、1本は先祖返りしたものか紅大根、紅白大根がめでたく揃いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧