ミズ(ウワバミソウ)のムカゴ

2017年9月21日(木) 先日(18日)、息子から大鯛と一緒に届いたのが山菜ウワバミソウ(ミズ、ミズナ)の実(ムカゴ)約300g、知る人ぞ知る珍味である。ミズは秋になると、茎の各節が膨れて、コーヒー色の光沢があるムカゴ(肉芽)をつくる。醤油漬けにして食べると、ヌルミがあってシャキシャキとP9190001したアンバランスな食感が絶妙、採取には熊との接近遭遇の危険があり、処理にも非常に手間がかかるだけに貴重な山菜、その味わいは(個人的には)山菜中トップクラス。採集場所は天然きのこも豊富らしく、トップシークレットとして親子といえど絶対教えてくれない。息子からの採集報告の抜粋は以下の通り。
『 9月の3連休の2日目(17日)は朝から雨模様だったが、山に入って秋の味覚を探す。訪れたのは宮城・山形県境に聳える船形山山中の某所。車を止めて、登山道から大きく外れた道ならぬ道に分け入る。辺りは完Img_5851_2全にクマの生息域、周囲への警戒は怠れない。慎重に奥へ奥へと入っていく。目指した場所に到着すると、目の前に広がるのはミズの大群落、今の時期、茎の節に小豆色のこぶ状のムカゴが出来ている。これが今日のお目当て、早速摘み取りにかかる。と、いきなり毒虫(ブヨ?)の襲来、動きを止めた瞬間に一斉に襲い掛かってくる。慌てて防虫ネットを被ったが2、3箇所は刺されてしまった。いかなる時も油断できない。何もクマだけが脅威ではないのである。もう少し秋が深まればナメコやブナハリタケ、ムキタケが採れるブナ倒木も今日は空振り、僅かにヌメリスギタケとP9210002ナラタケの姿を見るに終わる。さて、手を止めることなくムカゴを摘み続けること2時間超、背中の駕籠と両手に抱えるビニル袋が一杯になりずっしりと重い。大満足。しかし、持ち帰ってからがもう一仕事、茎から葉を取り除かなければならない。処理を終えると可食部は収穫量の3割ほどに減少する。手間のかかる山の幸だが、湯がいて、麺つゆに浸けて、冷蔵庫に一晩置くと、美味な醤油漬けができ上る』。
息子に教わったレシピに加え、我が家では麺つゆに浸けるとき、刻み紫蘇も一緒に入れました。風味が一段とアップし超美味です。

| | コメント (2)

菜園の恵み(169) 冬瓜

P90500012017年9月4日(月) この冬瓜は自分で作ったものではなく、隣の畑のKさんからの頂き物、我が家の甘唐辛子と物々交換しました。先日は、我が家のイチゴ苗20本とKさんの所で採れたナス6個とを交換しました。同じ大家さんから借地している隣り同士の菜園ですが、なるべく違う野菜を作って交換することにより、狭い畑地の効率化を図っております。

| | コメント (0)

菜園の恵み(168) 甘唐辛子

P81700022017年8月17日(木) やっと雨が上がったので3日ぶりに畑へ行って見ると、ミニトマトは実割れを起こしており悲惨な状態、殆ど捨てざるを得ない。トホホ・・。それに引き換え、甘唐辛子は絶好調、笊の風袋80グラムを差し引くと、今日だけで800グラムの収穫(累計2.5㎏)。甘唐辛子はシシトウのように辛いものが交じっていないので安心して食べることができ、天麩羅、炒め物、焼き物に良い。

| | コメント (0)

初ミョウガ

P72900012017年7月29日(土) 気象庁の梅雨明け宣言後によく雨が降るようになり、敷地北側で漸くミョウガの花芽がでてきた。本日が今年の初収穫でとりあえず10個。例年なら7月20日~22日に初摘みできているので、今年は少雨のために1週間ほど遅れたようである。

| | コメント (0)

菜園の恵み(167) ジャンボピーマン

10112p71800062017年7月18日(火) 昨日、南インド旅行から無事帰国。夕方畑へ水まきに行き、お化けキュウリ4本(累計121本)、ジャンボピーマン11個・700g(累計16個・850g)、甘唐辛子17本・250g(累計490g)、完熟ミニトマト1.2㎏(累計5.3㎏)を収穫してきました。ジャンボピーマンの最大は101g・12㎝、甘唐辛子の最大は27g・15㎝、夏の最盛期に8日間も留守にしたため、皆が大きく育ちすぎ、しかもインド並みの猛暑続きにカラスも堪らないらしく、ミニトマトはもちろん、これまで被害のなかったキュウリまで食害に遭っていました。

| | コメント (0)

ミニトマトのピクルス

P7080003_22017年7月8日(土) 菜園のミニトマトが熟期を迎え、今日も630g、本日までの累計で3.8㎏も採れました。生で食べてもよいのですが、ちょっと皮が固いし酸味も強いので、美味しく沢山食べられる方法はないかとネットで検索したら、クックパッドのピクルスに当りました。ミニトマトを洗ってヘタの窪みに爪楊枝で穴をあけ、広口瓶に入れてミツカンのらっきょう酢をひたひたになるまで注ぎます。冷蔵庫に半日寝かせると完成、実に簡単です。本格的なピクルスほど酸っぱくはなく、ミニトマトの甘酢漬けといった感じですが、味がソフトになり幾つでも食べられます。美味しいです。

| | コメント (0)

市川トマト

P7040003_22017年7月4日(火) 昨日、家内の友人Mさんからいただきました。立派な大玉トマトが15個入っていましたが、3個は冷やしトマトにして直ぐに食べてしまったため、隙間ができています。Mさんのお姉さんが市川のトマト農家とのこと、その関係で毎年我が家にもお裾分けがあります。Mさま、いつもご馳走様です。ありがとうございました。

| | コメント (0)

ネマガリタケの炊き込みご飯

P63000032017年7月1日(土) 今日、明日と娘の引っ越し手伝い、ネマガリタケの炊き込みご飯のお握りを作り、妻と一緒に三軒茶屋へ通います。南柏から三軒茶屋までは千代田線表参道駅乗り換えで所要1時間半、今日は10時から18時半までみっちり働いてきました。転居先は福井市なので落ち着いたら、荒島岳や浄法寺山など福井県の山を登りに行くつもり、楽しみです。

| | コメント (4)

ネマガリタケ

2017年6月29日(木) 万座温泉から御飯岳へ向かう県道466号線沿いのネマガリタケ(ジダケ)の薮で26日と27日の2日間で採集したタケノコは51本、うち26日の13本は宿の冷蔵庫で凍って駄目になってしまい捨てました。東北ではジダケ採りの人がクマと遭遇し、襲われる事故が後を絶ちませんが、上信国境の現地には「熊出没注意」の看板は見当たりません。地元の人も何人か軽トラを駆って採りに来ていました。アク抜きは不要で日本産筍中随一の美味、今回は炊き込み御飯にするつもりです。
P6280173P6290005

| | コメント (0)

コシアブラ

P62100022017年6月21日(水) 先日、東根市の黒伏山で採集してきたコシアブラを、今日の夕食時に天麩羅にしてもらい、揚げたてを頂きました。日本海側の深雪・豪雪地帯に育つ山菜は、同じ種類であっても、太平洋側のものとは一味も二味も違います。大きいのに柔らかく、香りが高くて、旨味も濃い優れものです。ビールが2倍美味しくなります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧