緊急事態宣言発令!

P4080001 2020年4月7日(火) 新型コロナウイルスの国内感染拡大が止まらず、とうとう本日の夕刻、政府より特措法による緊急事態宣言が7都道府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)に対し発令される。しかしながら、7都道府県だけでいいの?、北海道は?、愛知県は?。宣言自体が遅いし、しかも要請内容の中途半端で生ぬるいこと、108兆円にも及ぶ経済対策の現金給付部分の不公平なこと、世界各国と比べて最大規模の対策費と総理は胸を張っているようだが、赤字国債を増発して後から来る国民にツケを回すだけ、何か自分の懐から配るような勘違いをしているのでは。税金から給料を貰っている人たち(議員、公務員)は、コロナ騒動が収まるまで歳費の5割返上や報酬の3割返上など、国民と痛みを分かち合う気概を先ず見せてほしい。自分たちは安全地帯に引き篭り、高みからピンボケ号令を唱えるのでなく。こんな事ではだらだらと感染者が増加し、近く感染爆発を迎えるのでは・・、結局国民に集団免疫ができあがらないと抑え込めないし、収束しない。夏を越えて長引きそうな予感がする。
まあ、年寄りは家に沈殿し、消毒用の酒でも飲むしかない。今はサングレ・デ・トロ・オリジナル 2017、スペイン産の赤ワイン。エノテカ社の通販価格1,728円也。アルコール分13.5%、ミディアムボディ。また、空になりました。

| | コメント (0)

アンデラ・ソーヴィニオン・ブラン 2018

P3280001 2020年3月29日(日) チリ産の白ワイン、Anderra Sauvignon Blanc CHILE 2018、アルコール分12%、ミディアムボディ、辛口。昨夜はシーフードのお好み焼きを肴に飲みました。製造元はバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社、輸入元はエノテカ株式会社(東京都港区南麻生5-14-15)、同社の通販価格は1620円。

| | コメント (2)

拉薩啤酒

P3200001 2020年3月21日(土) 1月のチベット旅行で購入してきたラサビールを漸く試飲しました。アルコール分3.3%、原麦汁濃度10%、原料は麦芽、米、ホップ、色が薄く味は薄っぺらで水っぽく、ライトビールの範疇に入るビールです。中国のビールは原麦汁濃度10%で醸造しているものが多く、薄味で旨味に欠け美味しくありません(日本は原麦汁濃度11%前後、アルコール分4.5~5.5%)。

| | コメント (0)

MAPU RESERVA Merlot 2018

P3160001 2020年3月18日(水) チリ産の赤ワイン、マプ・レゼルヴァ・メルロ 2018、アルコール分13%、又1本空きました。早くコロナ騒ぎが収まらないと、このままではアル中になりそう。
生産者はバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ社、輸入元エノテカ株式会社の通販では1本1,800円(税込み1,980円)。

| | コメント (0)

アンデラ・カベルネ・ソーヴィニョン 2017

P3100001 2020年3月12日(木) 何もやることがないので、毎晩夕方5時になるとシャッターを閉め、一杯やり始めます。Anderra Cabernet Sauvignon 2017、チリ産の赤ワインが又空になりました。高島屋のゴールデン・デラックス・セールで家人が購入してきた輸入ワイン10本セットは10,800円也、通常価格が1本4,212円~1,404円のチリとイタリアとスペインのワインが入っており、合計すると21,168円、お買い得です。アンデラ・カベルネ・ソーヴィニオンのアルコール分は13%、ミディアムボディで辛口で、小岩井乳業のチーズに良く合います。本品の通常価格は1本1,620円、製造元はバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社、輸入元はエノテカ株式会社(東京都港区南麻生)。

| | コメント (0)

フグヒレ酒

2020年3月3日(火) 今日はひな祭り、何の関係もないけれど、先月食べた天草産養殖トラフグセットに付いていた焼きヒレが出てきたので、フグヒレ酒を造って飲んでみました。合わせる日本酒は台所の棚下にあった料理酒の紙パック入り菊正宗、湯飲み茶わんにフカヒレを入れ、菊正宗を8分目注ぎ入れて電子レンジで燗をつけました。料理酒が一変、なかなか乙なものです。
P3030002 P3030001

| | コメント (0)

モンテス(赤)2016年

P3020002 2020年3月2日(月) チリ産の赤ワイン、Montes Classic Series Cabernet Sauvignon 2016、新型コロナウィルス対策に体の内部の粘膜である食道や気管支、胃腸を消毒するため、平時より沢山飲むので直ぐに無くなりました。アルコール分14%、ミディアムボディの辛口。輸入元はエノテカ株式会社。

| | コメント (2)

MAPU Sauvignon Blanc 2018

P2050003 2020年2月9日(日) マプ・ソーヴィニオン・ブラン 2018年、チリ産の白ワインです。輸入元はエノテカ株式会社で、同社のネット通販や楽天市場などで750ml瓶1本が1,300円(税込み1,430円)で販売されています。製造元は、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ社、アルコール分12.5%、ミディアムボディで柑橘系の華やかなアロマを持ち、爽やかな飲み口です。個人的嗜好は☆☆★くらい。
2019年2月1日に発効した日・EU経済連携協定により、EU産ワインの関税が即時撤廃されて価格が安くなった結果、EU産ワインの輸入量が増加し、その分チリ産ワインの輸入量は減少しているそうです。応援したくなりますね。

| | コメント (0)

別誂 大吟醸 浦霞

P2020003_20200204102001 2020年2月3日(月) 先月19日にチベット旅行から帰国して今日で14日、帰りは乗り継ぎに6時間も待たされた上海空港経由だったため、新型コロナウイルス感染の可能性や潜伏期間を考えて、この二週間じっと家に引き篭っておりました。高山病の後遺症で体調がすぐれなかったこともありますが・・。どうやら杞憂に終わり無事、また今日は節分なので、故郷宮城の酒「別誂(べつあつらえ)大吟醸 浦霞」の一升瓶を開け、天草産養殖トラフグの刺身(てっさ)を肴にささやかにお祝いしました。

| | コメント (0)

チベット土産(1/1)拉薩ビール

P1200001 2020年1月19日(日) チベット旅行の土産は缶入りのラサ・ビールが2本だけ、16日に拉薩市内のネパール料理レストランで1缶10元(173円)で購入しました。食事時に飲みたかったのですが、高山病でふらつくし、食欲もないので、これ以上状態が悪化してはと自重しました。未だ飲んでいませんが、原麦汁濃度10%、原材料が麦芽・米・ホップで、アルコール分は3.3%、ずいぶんライトなビールです。製造元は拉薩市内のセラ通り36号の西蔵拉薩麦酒有限公司、多分、世界で最も標高が高い場所で作られているビールでしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧