ヤマザクラのサクランボ酒

P60600042018年6月8日(金) 香りが高く、まろやかで、色も美しく、野生果実で作るリキュールとしては最高の部類に入ります。公園で採集したヤマザクラの実を5月21日にアルコール分35%のホワイトリカーに浸漬し、5月28日に果実を分離、一週間で飲めるようになりました。

| | コメント (0)

ボケ酒の古酒と新酒

P60500012018年6月5日(火) ボケ酒の古酒と新酒を飲み比べ。左は2010年10月浸漬の8年もの古酒、右は去年の10月浸漬の新酒です。ボケ酒は珍しい酒ですが、カリン酒ほどの香りはなく、渋みが強く、それほど美味しいリキュールではありません。また、古酒になったからといって丸くなる訳ではなさそうです。

| | コメント (0)

安房麦酒3種類

P53100052018年5月30日(水) 昨日、水郷潮来あやめ園を見学に行きましたが、帰路、道の駅発酵の里こうざき(神崎)に立ち寄り、安房麦酒が売られていたので購入してきました。製造元は有限会社 農業法人 安房麦酒(南房総市谷向394-1)、税込み各540円也。写真右がペールエール(アルコール分5%、原材料は麦芽・ホップ)、真ん中がダークエール(アルコール分5%、原材料は麦芽・ホップ)、左が蛍まいヴァイス(アルコール分5%、原材料は小麦麦芽・ホップ・米)、さあてどんな味わいなのか楽しみです。

| | コメント (0)

ヤマザクラのサクランボの果実酒

2018年5月21日(月) 昨日、手賀沼一周ハイクの折に、柏ふるさと公園のヤマザクラの木にサクランボが沢山着果していたので採集し、今日果実酒に作る。このままでも十分食べられるが、苦みがあるので大人の味、同じく苦みがあるナナカマドの実は素晴らしいリキュールになるので、多分良い酒が出来上がるであろう。楽しみです。
P5200050P5220001


| | コメント (2)

KUTJEVO GRASEVINA 2016

P4190005_22018年4月21日(土) 去年10月のクロアチア旅行の際、首都ザグレブの共和国広場にあるスーパーマーケットで購入したクロアチア産白ワイン、クトジュヴォ・グラシェビーナ(KUTJEVO GRASEVINA)です。ネットで調べると、生産者のKutjevo d.d.はKutjevo Abbeyという修道院に端を発するワイナリーで、1232年創業を謳う歴史と伝統を誇る会社のようです。アルコール分13%で中口ですが、酸味が強くドライでシャープ、私にはあまり美味しく感じられません。棚に並んでいる中で一番高価なものを買ったのに・・、楽天市場では1本4,000円強もしてたのに・・、残念です。

| | コメント (2)

CHATEAU MONGIRON 2011

P4070004_22018年4月11日(水) シャトー・モンジロン 2011、フランスはボルドー産の赤ワイン。アルコール分13%、フルボディ~ミディアムボディ、しっかりした渋みが感じられる。輸入元はロイヤルリカー株式会社(東京都渋谷区広尾)、確か750ミリリットル入り1本が1,000円前後。

| | コメント (0)

白山ワイン[白]

P4010001_22018年4月1日(日) 納戸にある在庫のワインを次々に飲んでいます。コマンダリアに続いては白山ワインの[白]、アルコール分12%、フレッシュですっきりした味わい、中口の白ワインです。ブドウ品種は日本の山ぶどうとヨーロッパ品種ピノ・ノワールとの交配品種ヤマ・ブラン。製造元は2000年創業の株式会社白山やまぶどうワイン(福井県大野市落合2-24)、同社の製品はJAPAN WINE COMPETITIONで2005年から何度も受賞しているようです。福井市に住む娘夫婦からの到来もの、ご馳走様でした。

| | コメント (0)

コマンダリア(Commandaria)

P32400052018年3月28日(水) 去年の5月、キプロスに旅行した時に買ってきたデザートワインのコマンダリアです。ワイン発祥の地とも云われるキプロスで最高峰とされるワイン、しかもキプロスで一番有名なキッコー修道院附属ワイナリー製、ハーフボトル(375ミリリットル入り)が1本14ユーロ(1,700円)でした。アルコール分は15%、芳醇で極めて甘口です。仙台から戻ってきてから、寝酒に1杯づつ毎日飲んでいますが、そろそろなくなってきました。

| | コメント (2)

CHATEAU CAPVILLE 2012

P31200012018年3月17日(土) 仙台のマンションの台所の棚下にしまい込んで飲むのを忘れていたワイン、今回の帰省中(3月10日~18日)に空にしてきました。フランスのコート・ド・ボルドー地区で生産された赤ワインで、メーカーは200年の歴史を誇るシャトー・キャプヴィル(CHATEAU CAPVILLE)。ブドウ品種はメルロー主体でカベルネ・ソーヴィニヨンとマルベックをブレンド。
風味はライトボディ、中口~軽口、赤ワインにしてはすっきり・軽快で飲み易い。

| | コメント (0)

純米大吟醸 獺祭

20180120p12500012018年1月24日(水) 寒い時期はやはりビールよりも日本酒、お正月の二左衛門に続き、今は山口県岩国市の旭酒造株式会社製純米大吟醸酒、獺祭を飲んでいます。獺祭を飲むのは3年ぶりです。まあ頂き物だから飲めますが、年金暮らしではとても手が出ません。例え買えるとしても、自分で買ってまでは飲まないと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧