MONTES -CLASSIC SERIES-2016 CABERNET SAUVIGNON

Pb130001_22018年11月15日(木) チリ産赤ワインのモンテス・クラシックシリーズ・カベルネ・ソーヴィニオン(2016年)、チリを代表するワインメーカー、モンテス社の製品です。ラベルには「ミディアムボディ、甘いスパイスの香りが特徴的な、華やかで上品な赤ワイン」とありますが、辛くも甘くもない中口で飲みやすく、スクリューキャップなのでコルク栓より開けやすい点も気に入りました。輸入元はエノテカ株式会社(東京都港区南麻布)、同社の通販サイトではフルボトル750ミリリットル1本が1,500円也。

| | コメント (0)

とれたてホップ一番搾り~2018年収穫~

Pb0300012018年11月5日(月) 朝晩めっきり冷え込むようになって、それでも暖房用ファンヒーター点火を節約の為我慢している我が家では、冷たいビールでは体が冷えるので、最近の晩酌にはもっぱらワインを飲んでいるけれど、偶にはね、ビールの味が恋しくなります。ファミマで2本購入しました。

| | コメント (0)

GRANT BURGE GB32 CHARDONNAY 2017

Pb020003_22018年11月2日(金) オーストラリア産白ワインのグラント・バージ シャルドネ(白)、殆どなくなりかけています。すっきりとした辛口、白身魚のムニエルに合うと記載されていますが、食前酒ですいすい飲んでしまいました。アルコール分13%、個人的評価は☆☆★。製造元は南オーストラリア州バロッサ・ヴァレーの名門、グラント・バージ社、輸入元はエノテカ株式会社(港区南麻生5-14-15)、同社のオンライン・ショップで1本1,300円で販売されています。 

| | コメント (0)

ポーランドで飲んだビール

| | コメント (0)

PARVA RES NERO D' AVOLA 2017

Nero_d_avola_pa2000022018年10月20日(土) パルヴァ・レス・ネロ・ダーヴォラはイタリアのシチリア産赤ワイン、ブドウ品種はネロ・ダーヴォラ100%、アルコール分13%、中口でまろやかでしっかりしたボディ感があり、美味しいです。個人的な評価は☆☆☆。生産者はカルーソ・エ・ミニーニ(CARUSO E MININI)。高島屋柏店のゴールデン・デラックス・セールで、12本セットをまとめ買いした中の1本です。輸入元はエノテカ株式会社(港区南麻生)。

| | コメント (0)

キュソラ ブランコ(CUSORA BIANCO) 2017

Cusorapa1600052018年10月17日(水) イタリアのシチリア島産白ワイン、キュソラ ブランコ 2017年。2日前に開栓し、既に半分以上飲んでしまいました。生産者はカルーソ・エ・ミニーニ(CARUSO E MININI)、ブドウ品種はシャルドネ(Chardonnay)とヴィオニエ(Viognier)。輸入元エノテカ株式会社(東京都港区南麻布)のホームページでは1本1,800円とありました。アルコール分12.5%、味わいは、中口、あっさり、ややフルーティーといったところ、私の評価は☆☆。

| | コメント (0)

ベラルーシで飲んだビール

ベラルーシの滞在は丸1日しかなかったため、試飲できたビールは2種類に止まりました。1種類目は、9月30日、ミール城の目の前のレストランDoroga Zamkov(城の道)における昼食時に頼んだLIDSKOEの生ビール(写真左)、500ミリリットルの値段は4ベラルーシ・ルーブル(約200円)。小麦ビール(Weizen bier)のため泡立ちが良く、未濾過ゆえに白濁しています。苦味が弱く、雑味があって、評価は☆☆。製造元はリトアニア国境近くのリダ市(Lida)にある1876年創業のLidskoe Brewery。2種類目は同じ日のブレストで宿泊したホテル・ベラルーシのレストランで夕食時に飲んだハイネケン(Heineken)の小瓶、値段は2BLR(100円)、評価は☆☆★。ネットで調べると、2007年~2014年の間、ボブルイスク市にハイネケンをライセンス生産するビール工場があったようですが現在は撤退したとのこと、オランダ本国からの輸入品か、近隣国のビール会社のライセンス生産品かもしれません。せっかくなのでローカルビールを飲みたかったのですが・・。
P9300462_2Pa010513_2

| | コメント (0)

城端(じょうはな)麦酒4種

P9220001_22018年9月24日(月) 家人の北陸旅行のお土産は、先の北陸BEERの1缶に加えて南砺市の地ビールの瓶が4種類、御餞別をたっぷりあげたのでまぁこれくらいはね。(有)城端麦酒製造の、写真左から輝W7(輝き Wheat Seven)、麦やエール、曳山 BLACK、はかまエールの小瓶4本、各450円也。輝W7はアルコール分7%のAmerican IPA、麦やエールはアルコール分5.5%のRice Ale、曳山 Blackはアルコール分5.5%のBlack IPA、はかまエールはアルコール分6.5%のIPA、いずれも原材料の一部に茶葉を使用しています。今晩から1本づつ試飲するつもり、どんな味なのか楽しみです。 

| | コメント (0)

北陸BEER アンバーエール

P92200032018年9月22日(土) 富山市の午前中は大雨とのことで、少し早めに北陸ひとり旅から帰宅した家人のお土産は北陸BEER・アンバーエールという缶ビールでした。石川県産の六条大麦と二条大麦をブレンドして造ったプレミアム・クラフトビールが謳い文句ですが、地ビールとしては良く出来ています。評価は☆☆★。駅中限定販売品で富山駅で購入したらしく、1缶390円也。製造元は、石川県能美郡川北町字壱ツ屋183-3番地の(有)わくわく手づくりファーム川北です。

| | コメント (0)

カラカル・パクスタンのウオッカ

P8260676海外旅行中、ビール以外の酒類はめったに口にしない私ですが・・、8月26日、カラカル・パクスタン共和国のトプラ・カラとアヤズ・カラのふたつの都城跡を見学した後、遊牧民のテント(ユルタ)内の昼食にサービスで付いたのは、カラカル・パクスタン産のウオッカ、カラタウ(QARATAW)でした。アルコール分40%なので、0.5リットル瓶から少しづつ、皆で回し飲みしましたが、灼熱の砂漠の長歩きの末に、涼しいテントの中でいただくウオッカの味はなかなか乙なものでした。ウズベク人は宴会ともなればウオッカを良く飲むそうで、それもショットグラスでストレート、付き合うのは大変そうです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧