ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史」

2017年4月26日(水) 随分長いことかかって、ジョージ・ブルヌティアン著「アルメニア人の歴史 古代から現代まで」(藤原書店、2016年1月30日初版第1刷発行)をようやく読み終える。著者は1943年イラン生まれのアルメニア人、アメリカ在住(アメリカ国籍)の歴史家でアルメニアとイラン研究の第一人者、Img060_2現職はアイオナ大学教授。もともとは、2015年10月のコーカサス三か国旅行の復習として読み始めたものですが、なにせ525頁の大著、3ページも読むと眠くなる毎日で、県立図書館から借り直すこと三、四度、しかも延長を繰り返してやっと読了しました。歴史的アルメニア(大アルメニア人王国)は、現在のアルメニア共和国だけでなく、アララト山を含むトルコ東部の大半、イラン北西部、アゼルバイジャンとジョージア両共和国とからなり、アジアとヨーロッパ間の回廊という地政学的位置から、しばしば侵略者を引き付け、アッシリア人、スキタイ人、ギリシア人、ローマ人、ペルシア人、アラブ人、クルド人、トルコ人、モンゴル人、トルクメン人、ロシア人に、入れ替り立ち替り支配されたとの事、その結果、アルメニア人難民は世界中に離散して、各移住先で離散共同体を形成し、民族のアイデンティティと国体を辛うじて維持してきた事。現在のアルメニア共和国の人口は250万人であるが、国外在住のアルメニア人は500万人(ロシアに200万人、アメリカ合衆国に100万人・・)にも及び、ユダヤ人同様に、地球のほぼ全ての国にアルメニア人は居住している事。そして現在のトルコは歴史的認識が異なるが、1895~1896年のオスマン帝国によるアルメニア人大虐殺(50万人以上)と、1915年のオスマン帝国によるアルメニア人ジェノサイド(100万人以上)があった事など、本書により初めて知り勉強になりました。

| | コメント (0)

イヴォ・アンドリッチ著「ドリナの橋」

Img0472017年2月1日(水) バルカン半島6か国周遊旅行の復習に、イヴォ・アンドリッチ著「ドリナの橋」を県立西部図書館から借りてくる。柏市立図書館には所蔵されていないので仕方なく。イヴォ・アンドリッチはボスニアヘルツェゴビナで唯一のノーベル賞受賞者、「ユーゴスラヴィアの歴史からの主題と人間の運命を描写した叙事詩的筆力」という理由で1961年ノーベル文学賞を受賞している。先月の1月20日に同国ヴィシェグラードを訪ね、著書名「ドリナの橋」ことメフメット・パシャ・ソコロヴィッチ橋(世界遺産)と、彼が幼・少年時代を過ごした「イヴォ・アンドリッチの家」を見学したので、その記念に読んでみることに。訳者は松谷健二氏、1966年の出版で発行所は株式会社恒文社である。面白ければ、三部作と云われる「ボスニア物語」(トラーヴニック年代記)、「お嬢さん」(サラエボの女)も読んでみるつもり。

| | コメント (0)

イスタンブール土産 ロクム(LOQUM)

2017年1月27日(金) 乗り継ぎのイスタンブールの空港で、成田行きTK52便を待つ間に、トルコのお菓子ロクムを購入しました。4箱セットで22€、免税店向けの商品で特別提供価格とのことです。ロクムの主原料は砂糖とコーンスターチとナッツですが、もちもちした食感とナッツの風味は日本のくるみゆべしに似ています。1箱250g、4箱のそれぞれは、①ピスタチオ味(ピスタチオ20%入り:Double Roasted Pistachio-rich)、②ミックスナッツ&ココナッツ味(ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、アーモンドが計15%とココナッツ7%入り:Mixed Nuts Coconut Covered)、③ミックスナッツ&フルーツ味(ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、アーモンドが計15%とレモン、ミント、バラの香料入り:Assorted Nuts & Fruit Flavoured)、④ブラックベリーとサワーチェリー味(Blackberry & Sour Cherry Flavored)。トルコのお菓子に共通する甘みがくどい点がいまいちです。
P1290005P2180001

| | コメント (0)

帰国(プリシュティナ→イスタンブール→成田)

P12711422017年1月26日(木) 17:30プリシュティナ空港着、9日間・2,200㎞の長丁場を無事安全に走ってくれたサーシャさんに寸志を渡し、空港ビルに入る。トルコ航空のカウンター脇でSCを開けてラキヤを詰め直し、18:30チェックインして搭乗券を受け取る。SCの重量は20.2㎏で制限の20㎏をオーバーしているが何も言われない。出発ゲート202に進み、チョコアイスを食べる。20:15イスタンブール行きTK1020便に搭乗、13F席に座る。機材はAIRBUS 319-100、ほぼ満席。22:20イスタンブール空港着、時計を2時間進める(→0:20)。
1月27日(金) 空港免税店で土産にロクムを4箱買う。2:00成田行きP1271143TK52便に搭乗、通路側の30G席に座る。機材はAIRBUS330-200/300、2-4-2席ならびで隣が空席、ついている。3:05離陸、時計を日本時間に戻す(→9:05)。10:15一回目の食事、赤ワインを飲む。恩田陸著「蒲公英草紙」を読む。12:30トイレで歯磨き、あと7H30M。映画「The Duel」(2016年米国制作、邦題「ある決闘-セントヘレナの掟-」、2017年6月劇場公開予定)を観る。クラシックを聴きながらうとうと。再び「蒲公英草紙」を読む。20:09成田空港安着。JRを利用し、成田、安孫子で乗り換えて南柏駅着、妻に車で駅まで迎えに来てもらい、23:00無事帰宅。(完)

| | コメント (2)

コソボ共和国のビール

コソボ共和国で試飲したビールも PEJA Pilsner 唯1種類、プリズレンのレストランで小瓶(2€)を、プリシュティナのホテルで生小(2€)を、ペヤのレストランでも生小(1€)を飲みました。原麦汁エキス10.5%、アルコール分4.2%、原材料は大麦麦芽とホップのみの麦芽100%ビールです。すっきり、温和で向飲性(Weitertrinkenkeit)があり、個人的評価は☆☆☆。特に地元ペヤのレストランは、なみなみと注がれた生ビールがたった1€、痺れました。製造元はペヤ市に本社・工場があるBIRRA PEJA INT.Sh.A.(1968年創業、2012年からスイスのCOOP傘下)。
P1250994P1261029

| | コメント (0)

コソボ土産(2/2) ラキヤ(Rakija)

P12900022017年1月26日(木) 世界で一番寒いと云う、冷凍庫にでも入ったようなペーチ修道院の3つの教会、その外陣・内陣を見学すると確かに身体が芯まで冷えてしまう。体を温めましょうと案内役の修道女に優しく売店に導かれ、修道院自家製のスモモのラキヤの試飲を薦められる。アルコール分は55%、小さなおちょこで1杯、殆どのメンバーが試供品を馳走になったはずだが、誰も商品を買おうとはしない。仕方がないので皆を代表して、大きい瓶の方を1本8€で購入する。ラキヤはバルカン半島諸国で発酵させた果実から造られる蒸留酒、スモモから作られるものはシュリヴォヴィツァと呼ばれる。教会内部はもとより外観の撮影も禁止という厳格なペーチ修道院がラベルにデザインされており、市販では絶対に手に入らない逸品、良い買い物でした。ラベルのキリル文字は、上段が「祝福(Blagoslov)」と「修道院(Manastir)」、下段が「ペーチ(Peja)」と「総主教座(Patrijarhalan)」のようです。

| | コメント (0)

コソボ土産(1/2) ドロップ

P12900082017年1月26日(木) プリシュティナからデチャニ修道院へ向かう途中、トイレ休憩に立ち寄ったスーパーマーケットNORAで購入。コーヒー味とワイルドベリー味、それとフルーツ味のドロップが計3缶、各200g入り、各1.45€、合計4.35€(545円)でした。てっきりコソボ産かと思いきや、何とオーストリア産でした。メーカーはGUNZ GmbH、1986年創業、オーストリアの西端の町Maederにある会社です。

| | コメント (0)

世界遺産「コソボの中世建造物群」

2017年1月26日(木) 9:05バスに戻りデチャニ修道院へ。雪が晴れ青空覗く。トイレ休憩にGSに寄るが、外トイレのため水道管が凍結していて使えない。10:00スーパーマーケットNORAに緊急停止、店内のトイレを借用できることになり事なきを得る。申し訳ないのでドロップを3缶購入。11:00デチャニ修道院(標高640m)到着。セルビア正教会の寺院であるP1261098ため、アルバニア系パルチザンに襲撃される恐れがあり、それを防ぐためにアクセス道路や正門前に監視所があって、イタリア人を主力とするコソボ治安維持部隊(KFOR)が守っている。デチャニ修道院は、同名で2004年世界文化遺産に単独登録されたが、その後2006年に周辺の3つの教会、即ちペーチ総主教修道院、リエヴィシャの生神女教会、グラチャニツァ修道院が加えられ、登録名が「コソボの中世建造物群」に変更された。デチャニ修道院はセルビア王ステファン・ウロシュ3世デチャンスキによって1327年に建設が始められ、王の死後、息子のステファン・ドウシャンに引き継がれて、建物は1335年に完成、壁画はP12610811350年頃完成した。分厚い石造りの正門をくぐると、敷地中央に建つ大聖堂を取り囲むように、正門から左右に僧院の建物が延びる。まるで要塞のような造りである。今日は境内に雪が30㎝ほど積もり、神域を清浄に荘厳する。全能者ハリストス(キリスト)に献堂された大聖堂は、建材にオニクス・マーブルやレンガを使っており、中世に建てられたものとしてはバルカン半島最大。現在25人の修道士が居り、そのうちの一人、長身・黒髯のペトラ神父が案内してくれる。外観の撮影はOKだが内部の撮影は禁止とのこと、セルビア正教会は厳格である。左側のP1261083_2入り口から堂内に入る。壁と天井に隙間なく描かれた外陣のフレスコ画はやや傷みが目立つが、内陣の方は状態が良く色彩も鮮やか、青(紺)・黄(金)・赤の塗料をふんだんに使っており、近年修復されたものかもしれない。フレスコ画には新約聖書の物語と、1000人を超える聖人像が描かれているらしいが、門外漢にはさっぱり分からない。内陣の左右に聖ディミトリウス、聖ニコラの2つの礼拝堂があり、正面のイコノスタシスは14~17世紀に作られた60面以上の大小のイコンで埋め尽くされている。内陣には他にステファン王の遺体を納めた石棺、典院(修道院の長)の座などもある。ペトラ神父がショップの売り子に早変わりし、1冊10€のガイドブック購入を勧められたがパス、境内の端にあるトイレへ行く。トイレはトルコ式だがペーパーが備えてあり非常に清潔、電熱式温風器まで置いてあり感激する。11:45バスに戻りペーチ修道院へ。北へ12㎞ほど、12:05コソボで三番目に大きな町ペーチ(標高500m)に入る。12:15セルビア正教の大主教座が置かれているペーP1261102チ修道院着。大主教は安全上の理由からベオグラードに居るとのこと、ここの守備はKFORではなく警察の管轄。やはり内部の撮影は厳禁、それと構内はOKだが聖堂本体は外観撮影もダメと厳しい。現在20名の修道女が務めており、そのうちの一人が案内してくれる。聖堂前に樹齢800年という桑の巨樹が生えている。聖堂に入ると拝廊があり、3つの教会の入り口がある。真ん中の聖使徒教会が一番古く、13世紀の中頃大主教アルセニイェ1世により創建された。向かって左側(北側)の聖デメトリウス教会は大主教ニコディム1世により1320年頃に、向P1261110_2かって右側(南側)のホデゲトリアの生神女教会(聖母マリア教会)は大主教ダニロ2世によって1330年頃に建てられた。先ず聖使徒教会に入る。フレスコ画は1260年頃のオリジナル、剥離してしまい岩が剝き出しになってる個所もある。大主教が代わるごとに作られる玉座(オリーブの木で作る)が据えてあり、地下にはセルビア正教の最も大事な聖人、聖サヴァが眠っている。内部は冷凍庫に入っているかの如く深々と冷える。世界で一番寒い教会とのこと、納得。次に左側の聖デメトリウス教会に入る。正面に聖母マリアのイコンが掲げられ、左側の壁にP1261112聖デメトリウスが奇跡を起こした場面が、入り口上の壁には剣を持つ王の姿が描かれている。床は大理石とオニキス製。さらに右側の聖母マリア教会に入る。正面に6枚のイコンが飾られ、うち1枚は聖ダニロが聖母マリアにこの教会を捧げる絵柄。右の壁に聖母マリア誕生の場面が、入り口上の壁に聖母アリアが亡くなる場面が描かれている。青い塗料が多用されているのは、青が聖母マリアの色ゆえ。外へ出て南に付け足しの様に建つ聖ニコラオス教会も見学する。この教会もダニロ2世が建てたもの、堂内は聖ニコラオスの生涯を描いたフレスコ画で荘厳されている。案内役の修道女さんにP1261121導かれて売店に進み、勧められるままに修道院特製のラキヤをご馳走になる。アルコール分55%、お猪口1杯で目が回る。小瓶と中瓶が販売されているが、試飲するだけで誰も買おうとしない。やむなく代表して中瓶を1本、8€で購入する。出口の門の蔭からこっそり聖堂の写真を撮り、13:05バスに戻る。街中のレストランKULLA E ZENEL BEUTで昼食(13:15-14:10)、コーンスープ、マス料理、ケーキを食べ、コソボ産ビールのPEJA生を飲む。生ビール350ミリリットルの値段が僅か1€、めちゃくちゃ安い。食後、殆どの人がペーチ中心部の観光へ繰り出したが、レストラン残P1271131留組の3人に加わりコーヒータイム、4人でおしゃべりしながらゆっくりとした時間を過ごす。14:45バスに戻り、最後の観光となるグラチャニツァ修道院へ。15:10 PEJAビール工場の傍を通る。原料サイロや発酵・貯蔵用のコニカルタンクが林立し、設備は最新式とみえる。ガソリンスタンドbes Oilでトイレ休憩(15:55-16:10)。16:25人口2万5千人のグラチャニツァの町に入る。早や薄暗くなる。10分ほどでグラチャニツァ修道院(標高630m)到着。町の人口の90%がセルビア人、10%がロマとのことで、此処はアルメニア系パルチザンの攻撃も心配ないと思われるが、やはり長大且つ堅固な石塀に囲まれている。黒門から境内に入り、待ちくたびれていた様子の神父さんに聖堂内を案内してもらう。ここも聖堂内部の撮影は禁止!。1321年の創建、外陣のフレスP1271134コ画はダメージが大きく、一部石やレンガが剥き出しとなっている。天使のように羽を生やしたキリスト像は珍しいとのこと、14世紀当時のまま。内陣のフレスコ画の方が状態は良く、キューポラにイエス・キリスト像、両側の壁には、この聖堂を建てたセルビア王ステファン・ウロシュ2世ミルティン王と王妃の姿、聖母マリアが亡くなり天国の窓が開かれている様子、ゴルゴダの丘の磔刑のキリストと3日後の復活の場面などが描かれている。全部で4000人の聖人が内陣のフレスコ画に描かれており、1月1日から12月31日まで365人の聖人も揃っているとか。堂内の照明が暗く、神父さん、懐中電灯の光を当てて熱心に説明してくれる。17:10ようやくバスに戻り、帰国の途に就くべくプリシュティナ空港へ向かう。(続く)

| | コメント (0)

コソボの首都プリシュティナ散策

P12610532017年1月26日(木) いよいよ最終日、5:15起床。スリッパと古パジャマを捨てる。6:00 MC、その後瞬間停電が2回、直ぐに回復し事なきを得る。外は真っ白、雪が舞っている。髯をそり爪を切る。6:45-7:15朝食。紅茶はポットサービス、コーヒーはテーブル席まで注ぎに来てくれる。まあ五つ星を謳う高級ホテルだけのことはある。ハム各種、ドライフルーツ(干しアンズとレーズン)、オリーブ塩漬け、ヨーグルト、ミカン、プルーン、バナナを食べ、リンゴジュースとコーヒーを飲む。外は寒そうなのでSCを開けて厚手のセーターを取り出す。8:05現地ガイドのイブラミさんと一緒にバスに乗り込み、先ずプリシュティナ市内観光へ。車窓から国立図P1261056書館、教育省などモダンな建物を眺める。アメリカの資金援助で造ったものとのこと。8:25旧市街の一角でバスを降り、徒歩観光開始。歩道に雪が残っていて足元が危うく気が抜けない。オスマン朝コソボ州の行政府が置かれたオーストリア=ハンガリー様式の建築物・コソボ博物館、最も美しいモスクとされるジャシャール・パシャ・ジャミーア、時計塔、オスマン朝スルタンのメフメト2世(1432-1481)によって建てられたプリシュティナ最大にしてコソボ最古のイスラム寺院ファーティヒ・ジャミーア(ドームの大きさ15.5m)の順に見学。ファーティヒ・ジャミーアから引き返し新市P1261063_2街へ。マザーテレサ大通りに入り、コソボの政治家イブラヒム・ルゴヴァ(Ibrahim Rugoya)像、中世アルバニアの民族的英雄スカンデルベグ騎馬像(アルバニアの首都ティラナのスカンデルベグ広場にも建っていたが・・)、マザー・テレサ像など見学する。雪は本降り、道はつるつる、観光どころではないけれどホッカイロが暖かい。9:05早々にバスに戻り、デチャニ修道院へ向かう。(続く)

| | コメント (0)

エメラルドホテル(Emerald Hotel)

201年1月25日(水) 15:15プリズレンを後にしプリシュティナへ。サーシャさん高速道路を快調に飛ばす。16:00-16:15ガソリンスタンドbes Oilでトイレ休憩、無料。売店を覗くと、500ミリリットP1261020ル入りミネラルウォーターのペットボトルが0.25€(30円)、国産ビール小瓶が0.8€(100円)、輸入ビールの小瓶が1.1€(140円)と安い。三菱自動車と起亜自動車の販売店が仲良く同じビルに店を構えている。17時を過ぎ暗くなるが、灯りの点いていない建物が多い。点いていても照明は暗い。節電?、省エネ?、それとも電力不足?。日本の夜が不必要に明る過ぎるのかもしれない。17:05郊外の幹線道路に面した真新しいホテルエメラルドに到着、219号室に入る。さすがは五つ星、ゆったりした部屋にダブルベッド1台、書き物机に椅子、ソファとテーブルが置いてあり、家具類はベージュ色の木目調、天井と壁は城をP1261022基調とする大人の雰囲気。セーフティーボックス、ミニバー、電気ポット、ティーバッグ、それにスリッパまで付いている。浴室はシャワーだけだが、液体石鹸、シャンプー、シャワージェル、櫛、爪ヤスリ、綿棒、シャワーキャップ、ティッシュボックス、ワードローブがあり、至れり尽くせり。18:00-19:15ホテルのレストランで夕食。前菜(マッシュルーム炒め他)、ハンバーグ&ローストチキン、チーズケーキを食べ、コソボ産ビールPEJAの生小を飲む(2€)。料理の味は良いが如何せん量が多過ぎる。部屋に戻りSCの最終梱包、明日はいよいよ帰国日。20:15風呂から上がり、お茶を飲もうと沸かしておいた電気ポットを見たら何とお湯が漏れている。やっぱりね。(続く)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧